2021年11月04日

ネットショッピングでリピ買いしている物したい物

私は、よくネットで商品を購入しています。
Amazonや楽天市場がメインですが、私はどちらかというと楽天市場をメインに使っています。

書籍は、楽天ブックスにあるならそれを買いますが、ないことも多いです。そういう場合は、Amazonで購入します。
ただし、電子書籍はKindleしか使ってないので、Amazonで購入します。


ネットで商品を買うことに抵抗感がある人も多いかと思います。
それは、届くまでどんな商品なのか、見て触って確かめることができないからでしょうね。
私はもう慣れたので、レビューを見たりして思い切りよく買います。

もちろん、それによって「失敗した〜!」と思うものもありますが、慣れてくると大きな失敗はあまりありませんね。
服や靴もネットで買いますが、サイズ間違いという失敗もそれほど多くはありません。


そんな、ネットショッピングフリークの私が、これは買って良かったと思い、私自身がリピ買いしている商品、絶対にリピしたいと思っている商品だけを、ここではオススメとして紹介したいと思います。
※これは楽天市場のアフィリエイトです。アフィリが嫌な方は、商品リンクをクリックせずに、商品名などでご自分で検索してくださいね。




この生姜パウダーは、手足が冷たい冷え性の私の救世主とも言えるものです。
タイで暮らしていた時は、そもそも気温が高いので気にならなかったのですが、長野の山奥へ引っ越してきて、この寒さに参っていました。
ホットカーペットを使っても、足元がスースーして冷えるのです。なので、布団を腰から下に巻いてソファに座っていましたよ。

それが、この生姜パウダーを1さじ、焼酎お湯割りに入れて飲むようになってから、ホットカーペットを使わなくても足裏が火照るくらいになりました。
これはいいなぁ。そう実感しつつ、生姜入り焼酎お湯割りを飲んでいます。




これは、私のふるさと、島根県の名産品「しじみ」です。
何がすごいって、これ真空パックにしているだけで常温保存できるんですよ。びっくりでしょ?

しかも、これがけっこういい出汁が出て美味しいんです。
私の故郷自慢として同僚に配ったりしましたが、とても好評でした。

しじみは、稚貝の提供も含めるとほぼ9割が島根県の宍道湖産だと言われています。
ぜひ、食べてみてほしいなぁ。




その宍道湖の「しじみ」を、もっと手軽に食べられるようにしたのがこの商品です。これも好評でした。

だって、自炊しない人もいるでしょ。味噌汁を作る人なら、前の商品が良いと思います。
でもそういう料理をしない人でも、1杯分の味噌汁を作れる商品を利用する人は多いじゃありませんか。
そういう中に、しじみの味噌汁もありますが、いかんせんしじみが少なすぎます。(涙)

この商品は、貝殻も付いた本格的なしじみの味噌汁が1杯分作れるという優れもの。
もちろん、お湯を注ぐだけの手軽なものです。




これは私がやっている「趣味のトイレ掃除」の必需品であり、秘密兵器なのです。
これを買ってから、もうこれなしではやってられないほど。だって、頑固な尿石汚れだってサクサクと落とせるのですから。

私は、今いる施設のトイレをいくつも掃除しているので、この10本まとめ買いを利用しています。もう3回買ったでしょうか。
しかし、家庭にある1つのトイレだけを掃除するのであれば、他に1本だけ売ってるページもありますから、そちらをご利用ください。


送料がもったいないと感じるかもしれませんが、私は買って損はないと思っています。実際、私も、最初はその1本だけを買って試してみましたからね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コニシ 衛生陶器用パッド こすってクリーン 10枚入
価格:2670円(税込、送料別) (2021/11/4時点)



これも、私の「趣味のトイレ掃除」に欠かせない商品です。
通常のスポンジではなかなか落とせない汚れを、簡単に落とすことができます。

これ、スポンジの両面に布ヤスリが貼ってあるような商品です。
この布ヤスリの目の粗さが、実にちょうど良いと感じています。

こういうスポンジヤスリは、他にもいくつか商品があります。
しかし、目の粗さを番手で示してあるものの、実際の使い勝手がよくわかりません。
もちろん、それらをいくつか購入して試してみてもいいのですが、私は先ほどの軽石と合わせて使うには、このくらいの細かさがちょうど良いと感じています。しかも両面使えますからね。

これも、私はいくつもの便器を掃除するので10枚セットで購入していますが、1枚とか2枚でも売られています。
でも、これは通常の掃除でも使えるものなので、家庭用であっても、10枚セットを買って損はないかと思いますよ。

なお、先ほどの軽石とこのスポンジヤスリですが、便器だけでなく陶器の洗面台にも使えますよ。
ステンレスのシンクなどに使うのはやめた方がよいと思いますが、陶器であれば他にも使えると思います。
ぜひ、大掃除前に用意されることをお勧めします!



私がタイでよく飲んでいたビールがこれです。
LEOと書いてリオーと読みます。後ろのオーが上がる抑揚ですね。そう発音するとタイ人ぽくなりますよ。(笑)
タイでは、この小瓶サイズは100円程度で売られていますが、さすがに日本で買うと高く付きますね。

これまではチャーンビールがダントツの出荷量第1位でしたが、ビール会社のシンハーがこのLEOを格安ビールとして投入して、ついに出荷量第1位の座を奪い取りました。
当初は「セクシーリオー」というキャッチフレーズで、セクシーな女性を前面に出したプロモーションでした。その過激さで話題になりましたね。
今はさすがにおとなしくなって、ふつうに売られています。

スッキリしていてクセがなく、飲みやすいビールです。
日本の基準で言うと発泡酒になるのかもしれませんね。
タイではウイスキーでも米由来のアルコールなどを混ぜることがよくありますが、これもそういう技法を使っているのかもしれません。

日本にいても、時々なつかしくて飲みたくなるビール。それがLEO(リオー)なのです。
と言うことで、今夜はビア・リオーで乾杯かな。チョン・ゲーオ(かんぱい)!
 


日ごろ飲んでる焼酎お湯割り(夏は水割り)の必需品がこのリンゴ酢です。
これは私の友人から紹介されて買ってみたのですが、なかなか良かったのでリピ買いしています。
私が使うものですから、この訳アリ品で十分です。それでも1本(1升)2000円くらいしますから、大事に飲みたいものですね。

私の飲み方ですが、水割りなら焼酎とリンゴ酢をカップで計って大きめのペットボトルに入れ、水を継ぎ足して水割りを作っておきます。
私は基本的に常温で飲むので、このままカップに注いで飲めばいいわけです。
今はすっごく薄めて飲むので、25%の焼酎を1合(180cc)、リンゴ酢を半合(90cc)、そこに水を加えて1升(1.8L)にする感じです。

お湯割りを作る時は、もっと適当です。
焼酎適量とリンゴ酢数滴をマグカップに入れ、お湯を継ぎ足して作ります。
このリンゴ酢、数滴でも十分に味と香りが楽しめるんです。


次は、酒のつまみです。健康的なつまみ(肴)としては、豆腐とかチーズとか、あるいはもろきゅうやコンニャク田楽、シンプルに枝豆なんてのもありますが、私はミックスナッツをお勧めしたいです。特に、アーモンドとクルミが入った3種以上のミックスナッツがお勧めです。

カロリーが高いということはありますが、ダイエットは別のところで考えればいいんじゃないかと。それ以上に、普段の食事ではなかなか得られない栄養素が得られるという点で、ミックスナッツがお勧めです。
その中でも、私が買ってリピしているのがこれです。



850gも入って1,480円(税込、送料無料)ですからね。コストパフォーマンスも最高かと思います。
そして、豆の質がいいんです。欠けや崩れがほとんどありません。なので、お客様が来られた時に出すおつまみとしても重宝するかと思います。


コストパフォーマンスだけを言えば、こっちのミックスナッツもお勧めです。



こちらは1,228円(税込、送料無料)ですからね。同じく850gです。
ただ、欠けや崩れがけっこうあります。袋の中が粉っぽく濁っていることからもわかると思います。

しかし、豆の栄養的な質がどうなのかまではわかりません。わかるのは見た目だけです。
あとは、先ほど紹介したものよりアーモンドが多めでクルミが少ないように感じます。

同じミックスナッツでも、豆の割合や豆の質など、いろいろ違いがあると思います。
なので、単なる値段比較ではなく、そういうところまで見極めてから、書い続けるかどうかを判断されれば良いかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いかがでしょうか。
もし気に入ったものがあれば、ぜひお試しくださいね。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 19:58 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ