2018年07月30日

店を閉めることにしました

バンコクに再移住してから1ヶ月、その前に住んでいた妻の実家に先日、戻ってきました。

7月28日(土)の朝、戻ってきたのですが、すでに「生まれた子犬たち」の記事で書いたように、飼い犬のミー(熊)ちゃんの子どもたちが生まれていました。

昨日(29日)は、ブログを書いたり、その子犬の様子を見たりしながら、一日を過ごしました。なんとゆったりした時間の過ごし方なのでしょうね。


可愛い子どもたちの写真を撮りました。

inakagurashi20180730-2.jpg

inakagurashi20180730-3.jpg

inakagurashi20180730-1.jpg

会うのもこれが最後かと思うと、感慨もひとしおです。

7匹の内、とりわけ身体が小さいチビちゃんがいて、何とかミルクを飲ませようと思うのですが、やはりなかなか飲まないんですね。

兄弟たちから踏みつけられたり、噛まれたりしながら、それでも何とか生きています。

無事に育ってくれよと祈らずにおられません。


そんなふうにミーちゃんの子どもたちを見ていると、スア(虎)くんが必ずすり寄ってきます。嫉妬でもしているのでしょうか?

私はあなたのお母さんじゃないんだけどね。でも、頭をこすりつけてくる姿を見ると、何だかいじらしくなります。

今日、バンコクに向けて出立します。スアくんとも、しばらくの間、またお別れですね。

 

昨日、妻とお義母さんとの間で、重要な決定がなされました。

実家の前でやっていたルークチン屋さんを閉めることにしたのです。

せっかく自力で東屋を建て、少しずつ改良して行ったのですけどね。

理由は単純で、儲からないからです。


私からすれば、まあ当然なんですけどね。

1串5バーツのルークチン揚げを売るのに、どれだけの原価がかかるのか、妻は把握してないのですから。

せいぜい、仕入れたルークチンとの差額くらい。他に油、ガス、串、ビニール袋など、たくさんの経費がかかるというのに。

私が口出しをすると、いつも「うるさい」「だまれ」とばかりに文句を言うので、私もあまり多くは言いません。


昨夜、私から尋ねてやっと、妻は店を閉めることを話しました。

「ふーん、そうなんだ。」

私がそう言うと、その言葉が否定されたように感じるのか、こんなことを言います。

「あなたわかってるの!?油やガスやつけダレやガソリンなど、たくさんお金がかかるのよ。やっていけるわけないじゃないの!」

はいはい、最初に私がそう言ったんだけどね。それに対して、「やってみなきゃわかんないでしょ!」と言ったんだよね。

まあいつものことですから、もう何とも思いませんけど。


いよいよ今日の午後には出立するので、店じまいされて哀愁ただよう東屋の写真を撮ってみました。

inakagurashi20180730-4.jpg

inakagurashi20180730-5.jpg

やはり無理だったかぁ。

わずかでも儲けが出るなら、お義母さんの仕事にもなるからいいかと思ったんですけどね。


これまでにも、子豚を飼うからと言うので、始めるための資金を提供したこともありました。

それも、1年もせずに高く売れないからと言ってやめてしまいました。


その前には、農地を2ヶ所買ったのですが、1ヶ所目は他の人に貸して、貸し賃はお義母さんの懐へ。

2つ目は、買ったものの使い勝手が悪いのか、今は売りに出しています。

私は、いずれ農業でもすることになったら、最低でもこのくらいの面積の農地が必要になるだろうから、と思って買ったのですけどね。


まあ、素人がそう簡単に上手くいく方法に行き着くわけがない、という好例ですね。

上手くいく人には、上手くいく人なりの理由があるのです。


ということで、また振り出しに戻ってしまいましたね。

さて、バンコクでの生活をどうしたものか。

悩ましいところですが、「下手の考え休むに似たり」と言いますから、「果報は寝て待て」と言うように、しばらくのんびりと過ごそうと思います。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 12:36 | Comment(0) | 実践内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク