2018年04月11日

水掛け祭りが始まりました

4月中旬には、タイで最大の行事と言われるソンクラーンがあります。
正確には、4月13〜15日の3日間が、祝祭日としてお休みになっています。

ソンクラーンは、タイ正月とも呼ばれます。
都会に出稼ぎに行っていた人たちも、この時期には大挙して田舎に帰ります。

日本の正月とお盆を合わせたような感じだと表現する人もいます。
このソンクラーンの前後、バンコクの人口は急激に減って、地方の人口が増えるのです。


田舎では、すでにソンクラーン気分になっています。
先週末からは、ソンクラーンの前夜祭だとばかりに、妻もお酒を飲むようになりました。
お陰様で、私もビールを解禁しています。(笑)

今日(2018年4月11日)の朝、近くで水掛けをやっている子どもたちがいました。

水掛けをする子どもたち

ソンクラーンは、別名「水掛け祭り」とも呼ばれます。
お互いが水を掛け合って楽しむのです。

これは、元々は長寿(健康,多幸)を祝って手に水を注ぐというタイの習慣からきているのだと思われます。
あるいは、雨乞いの行事とも言われます。

いずれにせよ、タイでは最も暑い時期になりますから、水を掛けて涼みながら、みんなでお祝いするというもののようです。


しかしバンコクなどでは、水掛けによるトラブルも多く発生しています。
仕事や重要な行事で出かける人も多いのに、無礼講とばかりに水を掛けられたのではたまったものではないでしょう。

そのため、期間や場所が制限されるようになっています。
また、使用する水鉄砲も、大きいものが禁止されました。
あの大きい水鉄砲は、軽く張り倒されるくらいの衝撃がありましたからね。


そういうバンコクなど都会に比べると、田舎の水掛けはほのぼのとしています。
理由があって水を掛けてほしくない時は、そう言えば普通は掛けられません。

また、多くの人が水を掛けられることそのものを楽しんでいます。
田舎ではオートバイが多いのですが、中には停まって潔く水を掛けられる人もいます。


今朝の水掛けの様子を動画に撮ってみました。



子どもたちは、この時を本当に楽しみにしているのですね。
以前、私も童心に還って、子どもたちと一緒に水を掛け合ったことがありました。

水掛けを楽しむ私

水掛けの様子

タイの音楽とビール。そして水掛けという遊び。それだけで、1日楽しく過ごせます。

水掛け仲間

言葉はほとんど通じなくても、そうやって笑顔になっていると、仲間意識も芽生えるのですね。

そんなソンクラーン本番まで、あと2日です。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 11:24 | Comment(0) | ├ タイの田舎・イサン地方暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク