2018年03月13日

自営業は最大のブラック企業

タイの田舎暮らし14日目です。
お店をオープンして11日目になります。

昨日の売上は、過去最高の900バーツに達しました!
途中まで、あまり売れてなかったのですけどね。
夕方にかけて駆け込み需要がありました。
ありがたいことです。
※1バーツ≒3円です。


さて、1日の行動パターンがだいたい決まってきたので、その内容をお話しましょう。

朝5時、起床。身だしなみを整えて開店準備。
6時〜6時半、開店。以降、販売、仕入れなど。
夕方18時〜18時半、閉店。後片付け。
19時半〜20時、夕食。
20時〜22時、就寝。


まあ通勤時間がありませんから、その分は助かります。
しかし、1日約14時間の労働時間です。

と言うか、閉店した後のわずかな時間と、寝ている間が完全な自由時間。
それ以外は拘束された時間です。
これをブラックと呼ばずに何と言いましょうか!?(笑)

朝食や夕食は、開店中の空いた時間に行います。
食事中であっても、お客さんが来られたら対応します。


昨日の昼食は、新たに仕入れたルークチン(練り物)の試食でした。

昨日の昼食

試食と言っても、商品ですから自腹です。(汗)
これ以外に食事はなし。

ついでに言うと、夕食もありませんでした。(泣)
妻はお腹が空いていなかったようです。


さらにこの仕事、年中無休です。
土日も関係なく開店しています。

妻と私が買い出しに出かける時は、お義母さんが店番をします。
9時から16時くらいの間は、比較的にお客さんが少ないので、その間にいくことが多いです。


先日、浮島の聖地、カンチャノートへ行きましたが、あれも遊びではありません。
バンドゥンというウドンタニーの少し大きな街に買い出しに行くついでに、妻はそこでタンブン(功徳を積むこと)したかったのです。

タイ人は、何かにつけタンブンをしたがります。
それに、タイ国内の観光地は、お寺や宗教がらみか、タラート(市場)か、そのどちらかがほとんどと言っていいでしょう。

バンコク周辺だと、水族館だとか美術館などもありますが、田舎にはそんなものはありません。
前に、義兄の結婚式にガーラシンまで行きましたが、その帰りに観光で立ち寄ったのは巨石のお寺でした。


さて、そんなブラック企業ばりの職場で生活をしていますが、その生活の一端をお見せしましょう。
まずはこれ。

鶏の餌やり

何だかわかりますか?
庭にトタン板が打ち捨ててあるだけ。
そう見えますよね?

実はこれ、鶏の餌やり場なのです。

ここに、鶏が食べられそうな、たとえばソムタム(パパイヤサラダ)などの残飯を投げ捨てます。
すると放し飼いの鶏や犬がやってきて、食べられそうなものがあれば食べる、というわけです。
非情にアバウトですが、ある意味で究極のリサイクル。


次はこれです。

ゴミ捨て場

庭にゴミをぶちまけたところ。
まさにその通りです。(笑)

これが究極のごみ処理です。
ここで野焼きします。

捨てるものの選別はありません。
野菜くずなども一緒に捨てます。
もし、放し飼いの鶏や犬が食べられるなら、食べるに任せます。

ある程度溜まると、ここで燃やします。
瓶の王冠など金属は燃えずに残りますが、そのまま放置です。

考えてみれば私が子どものころ、昭和40年代までですが、庭に瓶の王冠を捨てるのは普通でした。
いちいちゴミ箱へという習慣はありませんでした。
そしてゴミは、畑の隅で燃やしていました。

昭和40年代に比べると、ビニール(タイではすべてプラスチックと呼びます)など「燃えないゴミ(本当は燃やさないゴミですが)」が増えましたが、やってることは同じです。

そんな昔に一部タイムスリップしたような生活をしています。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 09:51 | Comment(0) | ├ タイの田舎・イサン地方暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク