2017年04月03日

森の絵本



今回買った最後の絵本を読みました。作者は長田弘さん、絵は荒井良二さんです。荒井さんの絵本は、すでに「なんていいんだぼくのせかい」という作品を紹介しています。

荒井さんは、絵本界では有名な方のようですね。帯に「子どもの本のノーベル賞「アストリッド・リンドグレーン賞」 日本人初 受賞作家・荒井良二の絵本!」と書かれていました。


この本もまた、かなり哲学的なと言うか、詩的な絵本になっています。

どこかで よぶ声が しました。
 でも 見まわしても だれもいません


絵は、森の中の様子が描かれています。動くものは小鳥と蝶。何の声だかわかりません。どんな物語になっていくのでしょう?

すがたの見えない 声が いいました。
「いっしょに さがしにゆこう」


何の声だかわかりませんが、大事なものを探しに行こうと呼びかけます。そして、様々なものを見ては、それが大事なものだと言うのです。

最後にまた、森の中へ戻っていきます。そこで、おそらくその声の正体だと思われる存在が示されます。しかし、その姿は描かれていません。


何らかの価値観を押し付けるものではなく、自分の心の中に深く入っていくように誘う、そんな内容の本だと感じました。

これを読んだ子どもたちが、どんなふうに感じるのか、私にはよくわかりません。しかし、決まった答えがないからこそ、考える力が身につくとも言えますよね。

この絵本もまた、何とも不思議な内容でした。最近の絵本は、こういう傾向のものが増えているのかもしれません。

森の絵本
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 08:55 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ