2017年04月01日

おくりものはナンニモナイ



パトリック・マクドネル氏の絵本を読みました。翻訳は谷川俊太郎氏です。

これも「なんていいんだぼくのせかい」で紹介したように、坂爪圭吾さん「誰かに無理矢理にでも読ませたい本」と言われた本の1つになります。(ブログ「いばや通信」の記事「自分を殺してひとに好かれるくらいなら、自分を出してひとに嫌われるほうがずっといい。」の中の「わたり文庫」の項をご覧ください。)


物語のあらすじを紹介します。

猫のムーチは、大好きな友だちのアールに、何か贈り物をしようと考えました。しかし、アールは何でも持っています。そんなアールに何を贈ったらいいのか、ムーチは悩みます。

そして思いついたのが、「ナンニモナイ」ということ。何でもあるのだから、逆にナンニモナイが珍しいと気づくのです。

では、ナンニモナイはどこに行けば買えるのか? 探したけど見つかりません。仕方なく、いつもの場所にただ座ってじっとしていると、それが見つかりました。

ムーチは、ナンニモナイを箱に詰めて、アールに贈りました。アールが箱を開けると・・・。


この物語も、なんだか哲学的な話ですね。子どもにこれが理解できるのか?という疑問もありますが、子どもだからこそ素直に受け入れ、大人よりも楽しめる世界があるようにも思います。

こういう不思議な世界も、子どもたちの心を豊かにするのに役立つのかもしれませんね。

book20170330-7.jpg
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 07:51 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク