2017年03月31日

いのちをいただく



みやざき中央新聞の社説で紹介されていた絵本を読みました。作者は内田美智子さん、絵は諸江和美さん、監修は佐藤剛史さんです。

この物語の主人公は、牛の屠殺を仕事にしている食肉加工センターの坂本義喜さんです。そしてこの物語は、坂本さんが体験した実話です。坂本さんの話を聞いた内田さんが、ぜひこれを絵本にさせてほしいとお願いして、この絵本ができたということです。


話のあらすじを紹介しましょう。

坂本さんは、自分の仕事があまり好きではありませんでした。授業参観の時、坂本さんの息子のしのぶくんは、お父さんの仕事を「普通の肉屋です」と答えたのだとか。お父さんが自信を持っていないことが、息子さんにも伝わったのでしょう。

しかし、その授業参観の日、戻ってきた息子さんは、こう言ったそうです。「お父さんが仕事ばせんと みんなが肉ば食べれんとやね」

授業で「普通の肉屋」と答えたしのぶくんのことが気になった先生が、いろいろ話してきかせたようです。それによってしのぶくんは、お父さんの仕事に誇りを感じたのでしょう。

ある日、1頭の牛が食肉加工センターに運ばれてきました。しかし、そのそばには小さな女の子がいました。女の子は牛に話しかけていました。「みいちゃん、ごめんねぇ。」「みいちゃんが肉にならんとお正月が来んて、じいちゃんの言わすけん。」坂本さんは、見なければ良かったと思ったそうです。

坂本さんは、次の日の仕事を休もうと思いました。その話をしのぶくんにも話しました。するとしのぶくんは、坂本さんにこう言いました。「お父さん、やっぱりお父さんがしてやった方がよかよ。心の無か人がしたら、牛が苦しむけん。お父さんがしてやんなっせ」

坂本さんは、仕方なく仕事へ行きました。みいちゃんの所へ行くと、最初は暴れたそうです。しかし、坂本さんの気持ちが次第に伝わり、みいちゃんもおとなしくなりました。

「じっとしとけよ」そう坂本さんが言うと、みいちゃんの目から涙がこぼれたそうです。坂本さんは、初めて牛が泣くのを見たと言います。

後日、牛を連れてきたおじいさんが、坂本さんにお礼を言ったそうです。肉の一部をもらって、食べたとのこと。女の子は食べようとしなかったけど、おじいさんはこう言ったそうです。「みいちゃんにありがとうと言うて食べてやらな、みいちゃんがかわいそかろ? 食べてやんなっせ」

女の子は泣きながら、みいちゃんの肉を食べたそうです。「みいちゃん、いただきます。おいしかぁ、おいしかぁ」と言いいながら食べたのです。



私たちが「食べる」ということは、必ず「命をいただく」ことになります。それは、対象が植物であっても同じことです。

この物語は、「命をいただく」ことがどういうことなのかを、深く考えさせる内容です。「良い」「悪い」と簡単に決めつけられるものではなく、いろいろなことを考えさせてくれるのです。

こういう話を、子どもたちに伝えたいと思いました。それで、この絵本を買ったのです。

いのちをいただく
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 06:51 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ