2017年03月25日

スマホで音楽を探す

ここ半年くらい、サロン・オ・デュ・タン「スマホ会」にボランティア講師として参加しています。スマホ初心者のシニアの生徒を相手に、スマホの使い方をほぼマンツーマンで教えるというスタイルの教室です。

ただ、主目的はスマホの使い方ではなく、それを名目にして、シニア層の交流やシニア層と若者層との交流を図るというもののようです。

したがって、「スマホ会」で取り扱う内容は、ごく初心者向けです。スマホを初めて使う人には電話の使い方、メールの使い方、アプリのインストールや設定方法などから入ります。他にLINEの使い方、写真の送り方なども指導します。


こういうスマホの利用方法を指導する立場になって初めて、いろいろとスマホの使い方を極めることができたことがあります。今回は、そのうちの1つをシェアしましょう。

私が、とても便利だと思っているアプリです。それは、聞き覚えのある曲(歌)を探すアプリです。「SoundHound」という名前のアプリですので、ストアで検索してインストールしてみましょう。もちろん無料です。


これをインストールして開くと、以下のような画面になります。

SoundHound

この画面のオレンジの丸をタップして、探したい音楽を口ずさみます。「タラタッタッタッター、タラタータッタッター・・・」みたいな感じでOKです。

音楽聴き取り中

その曲を聴き取らせている間は、上記のように「聴き取り中」などと表示され、オレンジの丸の縁をぐるりのインジケーターがなぞっていきます。聴き取りの時間が終わりに近づくと、次のように表示されます。

聴かせ終わったらタップ

もう十分に聴かせたら、ここをタップします。タップしなくても、自動的に終わり、検索タイムに入ります。

検索後、候補が見つかればいくつか表示されますし、候補なしと表示された場合でも、近そうなものが表示されます。なるべくサビの部分を聴かせるといいですね。もし、今、かかっている曲のタイトルを知りたいのであれば、画面をスピーカーに向けたほうが、余分な音を拾わなくて検索の精度が上がります。

見つかった候補を聞いてみることで、それが正しいかどうかがわかります。正しいタイトルがわかったら、それを「iTunes Store」などで探して、購入するのもいいでしょう。私が探して購入した曲の一覧は、今現在、以下のようになっています。

曲の一覧

1曲あたり200円から250円くらいです。最新の曲は、もう少し高いかもしれませんけどね。アルバムごと購入することも可能です。購入した音源データは、iTunesやiCloudでバックアップすることが可能です。こうしておけば、スマホを紛失しても、購入したデータが無駄になりません。


音楽を聴かない人にはまったく関係がなかったかもしれませんが、昔の懐かしい曲を探して、インストールしておくと、いつでも聞くことができて楽しいですよ。

また、お気に入りの曲を、電話の呼出音に設定することも可能です。この場合、40秒以内の音源でなければならないようですので、待受音となっているものを購入するのが簡単です。自分でも作れるみたいですので、作り方は、WEBサイトで探してみてください。

待受音は、電話やメッセージの全般として使用できる他、個別の待受音に設定することも可能です。つまり、この人からかかってきたら、この音楽が鳴るというように設定できます。これによって、気になる誰かから電話がかかってきたときは、呼び出し音だけで区別することが可能になります。


どれほど役に立つかは人それぞれだと思います。でも、知っていると、意外と助かることもあるようです。バンコク在住のシニアの方で、こういう情報を知りたい方は、原則木曜日の13時〜15時で行っている「スマホ会」へご参加ください。

参加費は、お1人200B(2017年3月現在)となっています。コーヒーなども無料で飲めますし、同年代の方々や、若い世代の方(講師)との会話も楽しめます。詳細は、サロン・オ・デュ・タンさんへお問い合わせくださいね。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 22:48 | Comment(0) | └ タイのお役立ち情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク