2017年03月01日

星の商人



また、犬飼ターボさんの本を読みました。この小説を読んだかどうか、あまり記憶にないのですが、おそらく読んでいるはずです。でも、すっかり忘れているので、初めて読むのと同じですね。

すでに紹介した「CHANCE チャンス」は、けっこう長い小説です。それに比べると短くて、「成功の秘法」もそれほど多くはありません。

でも、その教えは普遍的なもので、とても重要なことを言っているなぁと感じました。


ではさっそく、一部を引用しながら内容を紹介しましょう。

その前に、ストーリーをざっと説明しますね。主人公はレキ。漁師の息子ですが、自分は漁師には向かないと感じて、商人になろうと決意し、湾岸都市という名の国を目指します。そこは、商売で栄えた都市国家だったのです。

その湾岸都市で、元大商人の賢者様と出会い、大商人になるための方法を教わります。その教えはたった1文が書かれた巻物でしたが、レキが新たなことに気づくことによって、また別の文が浮かび上がってくるのです。こうして、賢者様の教えによって、レキは大商人になっていきます。


大商人になる秘法というのはとても簡単で単純じゃ。だが多くの商人たちが進んでいる方向とはまったく逆じゃ。それがゆえに、みんなほかのもっと難しい方法を追い求めてしまうし、ほとんどの者は教えられても信じようとはせぬ。だから大商人になるのは難しいのかもしれぬ」(p.140)

賢者様は、このようにレキに言います。賢者様が教えてくれた大商人になるための秘法の最初の一文は、「他の成功は、己の成功」というものでした。他の人が成功することを助けることが、自分の成功につながるというものだったのです。それは簡単で単純ですが、多くの人にとっては受け入れ難いようです。


しかし、そこに書かれていないもっと深い、裏の意味もある。それは『この世の富は限られたものではなく、無限である』ということじゃ。もしそう思うならば、その者は富を分かち合うだろう。そして共存の世界に生きることになる。しかし、もし富が限られたものと思うならば、富の奪い合いを始めるだろう。」(p.144)

必要なものが十分にないというのは幻想だと、「神との対話」に書かれています。富もまた同じです。富が十分にないと思えば、それが得られないという不安に駆られ、他の人の富を奪おうとするでしょう。しかし、それが幻想だとわかれば、安心して分かち合えるのです。


短い小説ですが、とても重要なことを教えてくれるものだと思います。それは、豊かさは無限だということです。分かち合えば分かち合うほど、豊かさは増えていきます。それが信じられないから、奪い合ってしまうのです。

給料が少ないから適当に働くという考え方も、奪い合いと同じ思考です。まず先に与えれば、同等かそれ以上に返ってくる。それが、この世の真実なのだと思います。

星の商人
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 18:06 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク