2017年01月20日

ひすいこたろう

ひすいこたろうさんは、自称「天才コピーライター」です。どれだけの自信家かと思ったらさにあらず。そういう名前をつけることによって、自分の可能性を広げられた方なのです。

見方次第で幸せになれるという考え方を、ひすいさんがどこから得たのか不思議だったのですが、どうやら小林正観さんの5日間のセミナーに参加されたことが、大きなきっかけとなったようです。今では、ベストセラーを次々と生み出す作家さんとして、確固たる地位を築かれています。

ひすいさんは、埋もれている人を掘り起こす名人でもあります。それまで、あまり知られてはいなかったけれども実はすごい人と、共著を出版することで応援されています。おそらくだから、共著者名を書く時、ひすいさんは自分を後に書かれるのでしょうね。


◆ひすいこたろうさんの本
「起こることは全部マル!」
(共著:はせくらみゆき)
「あした死ぬかもよ?」
「ゆるんだ人からうまくいく。」
(共著:植原紘治(うえはら・こうじ))
「絶望は神さまからの贈りもの」(共著:柴田エリー)
「ゆるんだ人からうまくいく。 CDブック」(共著:植原紘治)
「人生に悩んだら「日本史」に聞こう」(共著:白駒妃登美(しらこま・ひとみ))
「なぜジョブズは、黒いタートルネックしか着なかったのか?」(共著:滝本洋平(たきもと・ようへい)
「あなたの人生がつまらないと思うんなら、それはあなた自身がつまらなくしているんだぜ。」
「心が折れそうなときキミに力をくれる奇跡の言葉」
「ものの見方検定」



「起こることは全部マル!」は、最初に読んだひすいさんの本です。ひすいさんに興味を持ったのは、Facebookなどで名言セラピーとして載っていた、ちょっとした言葉の魅力だったように思います。それでひすいさんの本を読みたくて買ったら、たまたまはせくらさんと共著だったのです。

上記の本の一覧を見てもわかるように、最近の本のほとんどが共著になっています。それだけ多くの人と出会い、多くの人から学び、多くの人を引き立てて来られたのでしょうね。

出版社のヒカルランドの記念講演会で、ひすいさんと植原さん、はせくらさんも出演されると言うので、参加したことがありました。その時、初めてひすいさんとお会いしました。ちょっとシャイで、誠実そうな方でした。私がタイから来たと言うと、発言の機会まで与えてくださいました。

ひすいさんの本は、どれを読んでも感動的です。なので、どの本から読まれてもハズレがないと思います。
 
【├ 著者別まとめの最新記事】
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 14:57 | Comment(0) | ├ 著者別まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ