2016年10月10日

福島正伸

福島正伸(ふくしま・まさのぶ)さんのことを知ったのはいつだったか、はっきり覚えていません。おそらく誰かが、福島さんのことを師と仰いでおられて、それで知ったのだと思います。

ただ、その前から福島さんの本を読んでいたように思います。福島さんを知ってから買って読んだ物語に、何となく読んだ覚えがあったからです。

福島さんを師と仰ぐ方は大変多く、びっくりするほどです。私も昨年、福島さんに会いたくて東京のセミナーに参加しました。細くて背が低くて、見た目はパッとしない感じもしますが、スーツをビシっと着て背筋をピンと伸ばした姿は、とてもエネルギッシュに感じました。

そして何より、オープンマインドで受け入れてもらえる感じで、懐かしささえ覚えました。

そんな福島さんがガンを患っておられたことは、真経営学のCDを購入するときに初めて知りました。ガンは克服されたようですが、相当な痛みに耐えられたようです。

福島さんの経営学は、単に経営だけの話ではなく、生き方に通じている本質的なものだと思います。部下育ては子育てに通じています。同僚や上司との関係は、すべての人間関係につながっています。

ですから、福島さんが提唱されている新経営学は、そのまま人生学になっていると思うのです。


◆福島正伸さんの本
「まわりの人を幸せにする55の物語」
「どん底から最高の仕事を手に入れるたった1つの習慣」
「夢が現実に変わる言葉」
「どんな仕事も楽しくなる3つの物語」
「僕に働く意味を教えてくれた29通の手紙」
「理想の会社」
「夢を叶える」
「メンタリング・マネジメント」
「真経営学読本」
「心で勝つプレゼン」


福島さんの本には、小説(物語)とビジネス書の2種類があります。どちらも大変読みやすく、わかりやすく書かれています。

「どんな仕事も楽しくなる3つの物語」は、福島さんが実際に体験されたもののようです。他の本の中でも、この話のエピソードが語られていますから。こんな風に働いたら、さぞかし楽しいだろうなと思います。

まずはどれでも気になるものを1冊、読んでみられてはどうでしょうか。


※参考:「すべては考え方次第」
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 14:02 | Comment(0) | ├ 著者別まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク