2016年09月18日

魂のことば



スピリチュアル界の大御所とも言える山川紘矢さん山川亜希子さん夫妻の本を読みました。ずっと以前に買ったもので、少しずつ読みながら、やっと読み終えた感じです。

と言うのは、この本は辞書のようなスタイルになっているのです。208の言葉に対して、お二人が解説を加えるというもの。ですから、どこから読み始めてもよく、パッと開いて出てきた言葉が自分へのメッセージになるというような、日めくり的な読み方もできます。


ではさっそく、一部を引用しながら内容を紹介しましょう。

ここに書いてある言葉や説明が唯一の正しい真実である、ということはありません。読む方たちに、「これまでとは少し方向を変えて考えてみませんか」という提案をしているだけなのです。
 自分の思い込みや社会的な通念、常識などが絶対ではないこと、ちょっと見方を変えてみれば新しいものが見えてきて、人生がもっと豊かになることを知っていいただきたいと思います。
」(はじめに)

絶対的な真実とか正義、価値観などというものはないということを、亜希子さんは言われます。そして、見方を変えることが重要なのですね。


私たちは、肉体でも、頭脳でもありません。私たちの本質は魂であり、光であり、愛であり、神であり、すべてのものと同じものからできている宇宙的な存在です。」(009「精神世界」)

魂はすべてを知っています。でも、地球にやって来て人間の肉体に入ると、そのほとんどを忘れてしまいます。そして「魂」ではなく、「自我(エゴ)の思い」で生きるようになりますが、それこそが地球上でしか体験できない貴重なことなのです。そして自我を捨て、肉体の中にいながら、自我でなく魂に戻ることが、私たちが今行っているプロセスなのです。」(010「魂」)

このように、実に本質的なことをズバッと言い切っておられます。「神との対話」などでも、このように言っていました。


古代より中国では、「気」とは自然界に存在するすべての物質の最も基本的な構成単位であり、エネルギーのもとであると考えられてきました。そしてすべてのできごとや変化は、「気」が動き、波動することによって現れる現象としてとらえられています。
(中略)
 あなたも、自身の「気」を高めることによって、人生のすべてを好転させることができるのです。気功、太極拳、ヨガ、レイキなどは「気」を高めるために役立ちます。」(036「気」)

ここでも、気がこの世の根源的なエネルギーであることが語られています。そして、レイキは気を高めるのに役立つのですね。


このように、全部で208の言葉(一部重複しています)について、山川夫妻が解説をしています。「はじめに」で書かれているように、これが絶対的な真実だと思う必要はなく、違う見方をするきっかけになればいいと思います。

魂のことば
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 18:01 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク