2016年06月14日

バシャール

バシャールというのは、チャネリングによってダリル・アンカ氏を介して語る「地球の時間で3000年後の惑星・エササニの多次元的存在。」(「未来は、えらべる!」より)なのだそうです。

その真偽はよくわかりませんが、1980年代にダリル・アンカ氏が来日し、バシャール・ブームが起こったようです。

「起こったようです」と他人ごとなのは、実はそのころ、私はスピリチュアル的なものを意図的に避けていました。ですから、おそらく「バシャール」という言葉がついた本を書店で見ているとは思うのですが、まったく記憶にありません。

私がバシャールのことを知ったのは、2014年1月に東京で行ったセミナーに参加された方が、「バシャールもいいですよ」と言われたのがきっかけです。

それから本を探してみると、なんと本田健さんとの対談があるではありませんか。それなら本物だろうと思い、読むことにしました。そして読み始めたところ、バシャールにはまってしまったというわけです。

バシャールの本は、バシャールが単独で語るものではなく、必ず誰かとの対談形式になっています。それが有名人の場合であれば、バシャールとの共著という形になります。そうでなく、日本に来て一般市民と対談した時のものは、バシャール(とダリル・アンカ氏)だけが著者になっています。


◆バシャールの本
 ・「未来は、えらべる!」(本田健)
 ・「バシャール スドウゲンキ」(須藤元気)
 ・「BASHAR (バシャールペーパーバック@〜G)」
 ・「バシャールのワクワクの使い方実践篇」(本田健)
 ・「その名は、バシャール」(さとうみつろう)
 ・「BASHAR2017」(喜多見龍一)



バシャールはつねに、「ワクワクすることをやる」ということを勧めています。「ワクワク」が私たちを導いてくれるのだと。

何が「ワクワク」するかは、人それぞれ違うと言います。したがって、他人が勧めることではなく、また「こうすべき」と示唆されたことや思い込んでいることではなく、自分の心に従うようにと言うのです。

ダリル・アンカ氏がチャネリングしている多数の動画が、Youtubeで見ることができます。その中でバシャールが、「神との対話」を勧めていたのには驚きました。



またバシャールは、2016年の秋ごろが、何か大きな転換点になるということも言っています。



何が起こるかははっきりと言えないということなので、知っていても知っていなくても、どっちでも変わらないようにも思います。

ただ、「知る」ということによって「経験」が生じますから、そういう意味では、「何か起こるのかもしれないな」と、それを許容する気持ちでいる方が良いのかもしれませんね。

※参考:「幸せになるための「本の紹介」・バシャール」
 

posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 20:17 | Comment(0) | ├ 著者別まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク