2016年04月26日

鏡の法則



今読んでいる本の中で、野口嘉則(のぐち・よしのり)さん「鏡の法則」が紹介されていました。

私は以前、本を買って読んだのですが、まだブログの中では紹介していませんでしたね。他の本(「僕を支えた母の言葉」)の中で、紹介しただけでした。

それで、「鏡の法則」を紹介する記事も書いておこうと思い立ち、これを書くことにしました。


ではさっそく、一部を引用しながら・・・と言いたいところですが、これも小説なのです。しかも短編です。

本では、「読んだ人の9割が涙した!」と帯に書かれています。また、○○ページで泣くみたいな予想もありましたね。

なので、自分で確かめるチャンスですから、ぜひ読んでみてください。


実はこの小説、ネットで全文を読むことができます。しかも、野口さん本人の「鏡の法則」のサイトです。

もともとは、ブログで4日間に分けて書かれたものだそうです。その反響が素晴らしくて、書籍化しましょうという話になったのだそうです。

しかし、全文がネットに公開されていたら、本は売れませんよね。たいていそう思うでしょう。だって、無料で公開されているものだし、それをわざわざお金を出して買うなんて、バカなことだと感じるでしょう?

ですから出版社も、ネットでは一部だけ公開して、あとは書籍でというようにしましょうと、提案してきたそうです。

しかし野口さんは、本を売って儲けようとは思わなかったのです。ともかく、1人でも多くの人にこの話を知ってもらいたい。そして幸せになってほしい。その思いだけだったのです。

そして、ある出版社だけが、その野口さんの思いに応えたのだそうです。そのことが、今読んでいる本に書かれていました。この本も、もうすぐ紹介しますけどね。

当たり前です! もちろんあのままにしておきます!
1人でも多くの人に読んでもらわなきゃだめです。あの話は。
でも、ネットを見ることができない人もいっぱいいますから、そういう人たちのために、本を出しましょう!

(「私が一番受けたいココロの授業 講演編」p.110)

そう言ったのは、総合法令出版の編集者の方だったそうです。


しかし、ネットで公開していたことによって口コミでどんどん広がり、本の注文も増えてベストセラーとなりました。

野口さんたちの「与える」精神によって、野口さんも出版社も、「与えられる」という結果になったのです。


では、この小説のあらすじを紹介しましょう。

この小説の主人公は、子育てに悩む41歳の主婦、秋山A子です。小学校5年の息子のU太がいじめに合い、その悩みを夫の先輩で経営コンサルタントのY氏に相談します。偶然に夫が再開し、息子のことを話したら、力になれるかもしれないと、Y氏が言っていたからです。

実は夫は、息子のことより妻のA子の方が心配でした。子育ての悩みで気疲れしている。そう感じていたのです。それでY氏に相談していたのでした。

夫からY氏に相談するように言われたA子は、思い切って電話をかけます。息子に起こったことなどを話すと、Y氏は親身になって聞いてくれ、つらいA子の気持ちに寄り添ってくれます。そして、「なんとかするための糸口が見つかるかもしれない」と言って、A子に質問します。

では、いきなり不躾な質問で申し訳ないのですが、もしかしたらあなたは、誰か身近な人を責めていませんか?

唐突なY氏の質問に、A子は驚きます。息子のことで相談したのに、なぜ自分のことを問われるのか?

Y氏は、その理由をA子に説明し、さらに質問を続けます。そして、この問題を解決するために、A子に課題を出すのです。そして、その課題をやったA子は、・・・


簡単に読める短い小説です。ぜひ、ご自身で読んでみてください。
 


posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 18:16 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク