2015年10月16日

なぜ「女性起業」は男の10倍成功するのか



後藤勇人(ごとう・はやと)さんの本を読みました。

後藤さんと出会ったのは、4年ほど前の箱根出版ブランディング合宿に参加したときのことです。

イケメンの後藤さんが、昼食時に気さくに声を掛けてくださって、そのかっこよさが印象に残っています。

しかし、その見た目とは裏腹に、フジゲンの横内祐一郎会長のセミナーをプロデュースする世界一マインドの継承者でもあります。

その後藤さんは、今は女性起業家を育成するコンサルタントとして活躍されています。


私も、女性は結婚しても経済的に自立すべきだと考えています。

そのとき、時間の自由がきくような職業が良いと思います。やはり子育てという点で、時間がとられることが多いからです。

そういう意味では、パートタイムか起業するのが良いと思っていました。

後藤さんの今回の本は、まさにタイムリーです。女性の自由や幸せは、自立することで生まれる。そういう観点から、ここで紹介したいと思います。


ではさっそく、一部を引用しながら内容を紹介しましょう。

あなたは友人からの頼まれごとは多いでしょうか?
 もし多いとしたら、その中にダイヤモンドの原石が隠されているかもしれません。
 仕事の本質は、他人を助けることにあるからです。
」(p.42)

「ビジネスは愛だ。」そう言ったのは、同じく箱根合宿で特別講師をされたダイヤモンド出版の飯沼一洋さんでした。

「働く」とは、傍(はた)を楽にすること。そんなふうにも言われますが、ビジネスの本質は人助けにあるのですね。

多くの仕事やサービスは悩みを解決することで成り立っています。
 結婚できない人の婚活サービス、太り気味の人のダイエット商品やトレーニング、仕事をリタイヤして時間を持て遊ばせている人のカルチャーセンターなどなど、挙げればきりがありません。

 つまり、「悩み=仕事のスタート」なのです。
」(p.45)

このように、仕事のネタはどこにでも転がっていることを、後藤さんは強調します。


大事なことは、多くのライバルの中で自分のどの部分を細分化して特化し、自分だけのオリジナルダイヤモンドを磨きあげるかということです。
 さらに、名乗った瞬間に日本一になる言葉としてのキーワードやフィールドを見つけ、その分野の創設者になればいいのです。
」(p.62)

仕事のジャンルが決まった後は、自分のブランド化、ポジショニングが問題になります。

たとえば後藤さんは最初、「世界一マインド伝承者」というポジションをとったわけですが、このフィールドには後藤さんしかいなかったため、名乗った瞬間に日本一だったと言います。

これが後藤さんが命名したダイヤモンドオーシャンの極意だそうです。


実は、自分のお客様を見つける一番簡単な方法があります。
 それは、自分もお客様になってみることです。

(中略)
 わかりやすくいいますと、もしあなたが3歳若返るアンチエイジングの商品を扱っているならば、アンチエイジングのセミナーに出向けばいいのです。
 そのセミナーは、講師の先生以外は、すべてあなたのターゲット、つまりアンチエイジングに興味のある集団です。
」(p.74 - 75)

集客の極意は、魚がいる流れの中に網を入れることです。やみくもに網を張るのではなく、目的の魚がいるところに張る、ということですね。

目的は、参加者の不満を見つけ出すことです。

 どんなに素晴らしいセミナーでも100%満足ということはないでしょう。
 もちろんサービスや商品でも、多かれ少なかれ不満の要素があります。

 その参加者の不満を解消し、さらに自分のオリジナリティーを加えて、他のライバルが参入できない市場「ダイヤモンドオーシャン」を作るのです。
」(p.76)

自分のオリジナリティーを作るポイントは、お客の不満にあるというわけです。


この本では、このように具体的に起業のジャンルを探す方法や、集客の方法などが書かれています。

これから起業したいと考えている女性の方(男性でも)は、読んでみる価値があると思います。


最後のメッセージです。
 あなたがこの世に生まれてきた本当の意味を、今一度考えてください。
 あなたが与えられたかけがえのない命を、完全燃焼するにために、私はこの本を書きました。
 あとは、あなたが自分の可能性とポテンシャルを信じて、人生の夢への第一歩を踏み出すだけです。
」(p.188)

後藤さんがコンサルティングした女性起業家が、何人も活躍されています。

人間的にも、非常に魅力的な方です。私からも、お勧めします。


なお、他にも、私のメンターの吉江勝さんと、北野哲正さんの共著「ゼロ起業」も、起業を考えておられる方にはお勧めです。



私が箱根合宿に参加したのは、メンターの吉江さんにお会いするのが目的でした。

しかし、このことがきっかけとなって、多くの起業家の方々と親交を深めることになりました。

私自身は起業しているわけではありませんが、ライフワークとしてこの幸せ実践塾をすることになったのも、そういったことが影響しています。

女性が経済的にも自立して自由になれば、より素晴らしい男女関係のもとにもなると思っています。

なぜ「女性起業」は男の10倍成功するのか

posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 15:56 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク