2015年06月03日

不安は不安のままでいい

さて今日は、「不安は不安のままでいい」という話です。

5月29日のメルマガで、「不安にも意味がある」ということを書きました。

バックナンバーが見られないので、メールBOXのメールをご確認くださいね。

タイトルは、「不安が教えてくれるもの」です。


不安は、愛を体験するために創造されたもの。

だから、不安になるのは、悪いことではないという話でした。


私は、不安な状態を解消するために、不安が幻想だと見抜くことをお勧めしました。

心屋仁之助さんが言っているように、「どうせ愛されてるし」と言ってみる。

そうすることで、不安を幻想だと見抜けるようになると。


そして、不安を感じてしまう自分を責めないようにと書きました。

それはまったく意味がないからと。

不安を感じたことを喜び、不安を歓迎しましょう。

それは愛を体験するための、前段階なのですから。

 

こういうことを書いたのですが、今日読んだメルマガに、もっと易しく説明されていました。

水野浩志さんのメルマガです。

その内容が素晴らしかったので、今日はそれを紹介しますね。


水野さんのことを知ったのは、メンターの吉江さんから紹介されたのがきっかけです。

水野さんは、セミナーのやり方を教える講師もされていて、そのDVD教材を勧められて買ったのです。

とても情熱的な方で、DVDを見てファンになってしまいました。

それでずっと、メルマガを購読していたのです。


水野さんのメルマガは、ブログでも読めるようになっています。

「自身力を高める思考のヒント」

今日の記事は、以下のタイトルです。

「昨日のメルマガを読んだ読者の質問にお答えします」

 

昨日の記事は、地震などの心配をしても、「未来を、自分の感情を害するために使っている」だけだから、無駄だという内容でした。

それに対して、「それでも不安になってしまう人がいるが、そういう人にはどう言うのか?」という質問があったのだとか。


水野さんは、こう答えます。

不安に感じるのならば、不安に感じてもいい
  そのままのあなたで良いんですよ



そして、してほしくないことを2つあげます。

そういう生き方をしてしまっている自分を自分を否定する
(※原文ママ:おそらく「自分が否定する」と書きたかったのだと思います。)

違う考えを持つ人を必要以上に攻撃して自分を守ろうとする


自己卑下したり、罪悪感を感じることは、百害あって一利なしと、「神との対話」でも言っています。

そして、自分の不快感の原因が他人にあるとして、批判したり攻撃したりすれば、被害者意識を持つだけのことです。

それでは、その問題を解決できなくなります。

 

水野さんは、不安に感じてしまう人は、「エネルギー不足の状態に陥っている人」だと言います。

だからまず、その心を癒やすことが重要だと。

心を癒やすには、受け入れることです。

そこで水野さんは、こういう言葉をかけてあげたいと言います。

あなたはそれで良いんですよ。そのままで良いんですよ。


そうやって心が癒やされ、エネルギーがチャージされたら、別の考えが浮かぶかもしれないと言います。

もっと違う考え方やとらえ方が出来るかも

 

子どもが転んで泣いたとき、「そのくらいで泣くんじゃない!」と言われると、子どもは自分を否定します。

だって、親から愛されたいから。

ガマンして、ガマンして生きるようになります。

そして何かにつけ、親の顔色をうかがうようになります。

愛されるためには、親に気に入られないといけないから。

だから心が萎縮して、不安症になるんですよ。


そうなった人には、愛こそが処方箋です。

無条件に受け入れてあげること。

不安だったら不安のままでいいんです。

変わらなくていい、頑張らなくていい。

無条件とは、そういうことです。


そうやって子どもが泣くことを受け入れ、「あー、痛かったね」と共感してあげれば、子どもはすぐに泣き止みます。

そして、また元気に遊びに行くのです。

そういう話も、映画「かみさまとのやくそく」にありました。

 

もし、他人から受け入れてもらえないとしても、自分で自分を受け入れてください。

自分自身を愛してください。

あなたは、そのままでいいんです。


私がお勧めする「鏡のワーク」は、そのためのツールでもあります。

目の前に、愛されなかった人がいると思って、無条件で受け入れてあげてください。

そうすれば自分の心が癒やされ、別の考えが浮かぶようになるのです。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 20:18 | Comment(0) | SJ通信過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク