2014年10月28日

目を温めれば視力はよくなる!



テレビでも話題になったという中川和宏さんの本を読みました。

実は私も、最近は近視ぎみなのです。乱視も入っているので、今度の免許更新は眼鏡が必要になるかもしれないと、ちょっと心配していました。

そんなとき、新聞の広告を見て、「これだ!」と直感し、買ってみたのです。


150ページ弱ですし、この手の本であれば30分もあれば読めます。

重要なのは、目の体操(ビジョン・フィットネス)1日に5分くらいやり続けること。

それだけで、驚異的に視力が回復した実例があるのだそうです。


では、なぜ目の体操がそんなに効果的かと言うと、近視や遠視などは目の血流障害による冷えが原因だからなのだそうです。

単純に目を温めるだけでも良いのですが、運動によって内部から温めた方が効果的なのだとか。

これは、非常に理解できます。体の不調の原因は、だいたい冷えにあると言われますからね。


そして、近視や遠視というのは、目の冷えが始まったシグナルとも言えるもの。ですからこれを放置すると、さらに重篤な病気になりやすいのだそうです。

じつは、目のよい人が緑内障になるのは、100人に0〜3人だけなのです。一方、強度の近視の人は、40歳以上で5〜6人に1人がなります。
 網膜剥離も同じです。白内障・黄斑変性症を含めて、近視の合併症と呼びます。近視が原因で、本当に見えなくなるのです。
」(p.43)

私の父が最近、黄斑変性症になりました。母も白内障で手術を受けています。

2人とも強度の近視というわけではありませんが、やはり眼鏡がなければ本が読めない状態でした。


本には、目を冷やす原因となる習慣についても書かれていました。この習慣がある人は、改めた方が良いとのこと。

@至近距離のものを見続けて、目を酷使している
A太陽光を浴びずに、人工光ばかり浴びている
B目と脳に疲労が蓄積している
C消化しきれないほど過剰な情報を摂取している
D過度のストレスを溜め込んでいる
E冷え症である
Fメガネ、コンタクト、オルソケラトロジー、レーシック手術に頼る」(p.64 - 66)

これが本当かどうかはわかりませんが、私の目が悪くなったのは、パソコンが原因だと思われます。

パソコンのブルーライトや、同じ姿勢で1点を凝視し続ける習慣によって、目が悪くなってきたと思うのです。

今は、ブルーライトをカットする眼鏡を使っているため、以前のようなショボショボ感はなくなりました。


そして女性にとっては重要なことだと思うのですが、目の周りのシワやクマといったものも、冷えから来ているのだそうです。

ですから目の体操をすることには、美容効果もあるのだとか。そう言われると、何だかやってみたくなりますよね。


目の体操は、本の最初の部分に詳しく説明されています。

これをバラすと本を買ってもらえなくなりそうなので、この部分はぜひ、本を買ってお読みくださいね。

目を温めれば視力はよくなる!
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 21:09 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ