2014年02月14日

安心していよう

2011年3月11日の東日本大震災が発生したとき、とんでもないことが起こったと感じました。

これまで見たことがないような津波警報が発令されたからです。

タイにいる私には、ネットを通じて入ってくる情報しかわかりません。

1日経ち、2日経ち、日を追うごとに悲惨な状況が伝えられてきました。

また、福島原発の事故も発生し、どうなってしまうのだろうと、不安を覚えたのです。


しかし、起こったものはどうしようもありません。

その状況からどうするのか。私たちが力を合わせて、乗り越えていくしかないのです。


特に原発の問題では、放射能に怯える人がたくさんいました。

見えないだけに、よくわからないだけに、不安で仕方なかったのでしょう。

科学的なデータが出されても、「何か隠しているのではないか?」と疑い、それに呼応するように、不安を煽るような情報もたくさん流されました。


そんな震災から間もない2011年4月1日に、斎藤一人さんはこう言って励ましました。

日本に住んでいる以上、地震とか津波とかはしょうがない。

そういう災害があるたびに、私たちの先祖は力を合わせて乗り越えてきた。

魂の成長のためにそういったことは起こるのだから、勇気を出して、安心して、この状況を乗り越えていこう。

特に宗教とかスピリチュアル関係の人が、この世の終わりのように言って不安をあおったりしているけど、人々を不安にさせる神様なんていない。

人々を不安がらせるのは、悪魔に加担することだ。





「神との対話」でも、「不安と罪悪感は人類の敵だ」と言っています。

不安は単に幻想です。

だからしっかりと見据えれば、消えていく他ないのです。

大丈夫、悪いことは起こらないから。

安心して、生きていきましょう。
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 17:35 | Comment(0) | 幸せ実践塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ