2013年12月26日

「ビジネスゲーム」から自由になる法



引き続き、ロバート・シャインフェルド氏の本を紹介します。

これは、「「ザ・マネーゲーム」から脱出する法」に続いて出版された本だそうです。

前作以上に、あからさまにこの世の本当の姿について書いています。

翻訳は、本田健さんです。

「訳者あとがき」にも書かれていますが、健さんも10代の頃、「この世界は、どうも現実ではないのでは?」と感じておられたそうです。

そしてこの世界について明快に語ってくれるメンターと出会うことで、世界の見方がガラッと変わったのだとか。


この本でロバート氏は、この世はホログラムのようなものだと言っています。

量子物理学でゼロ・ポイント・フィールドと呼ばれるものがあって、「まだ姿を与えられていない無限の可能性を持つエネルギーとして存在している」(p.84)のだそうです。

そこに私たちの意識が働きかけて、まるで現実であるかのようなホログラムを創り出している。

それがこの世だと言うのです。


そしてその中で私たちは、本来の私たちではないフリをして、そう信じこませるような様々な状況を創り出していると言います。

なぜ、そんなことをするのか?

それは、ゲームを楽しむためです。ロバート氏はそれを、「人間ゲーム」と呼びます。

「人間ゲーム」にも、このプライム・ディレクティブ(※)があります。
 それは、あなたが持つ無限の力を制限した時、本来の状態である無限の知恵と豊かさと楽しさと「真の喜び」を制限した時に、何が起きるのかを徹底的に探ることです。
」(p.45)

プライム・ディレクティブ:テレビドラマ「スタートレック」に出てくるコンセプトで、第一級優先事項のこと。乗組員の行動の手引となる中心理念

そうやって限定された状況を楽しむゲームをしているのが我々で、それを「第1段階」とロバート氏は呼びます。

その後、本来の自分(=無限の存在)を思い出し、「真の喜び」を取り戻して、「人間ゲーム」を何の制約もなくプレーするようになると言います。

それを「第2段階」と呼びます。

この本は、「第1段階」から「第2段階」へ移行するための、ツールとその使い方を解説したものです。


これらのことは、すでに「「ザ・マネーゲーム」から脱出する法」で書かれてあることですが、よりストレートに語ったものとなっています。

したがって、この本を読んでも、眉唾ものとばかりに、まったく信じない人もいるでしょう。

けれど本田健さんも言われるように、これが本当のことなのだと、私は思います。

こういうことを語る人が次々に出てくることで、より受け入れられやすくなるのだろうと思っています。

「ビジネスゲーム」から自由になる法
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 15:41 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク