2013年12月20日

タイの田舎で嫁になる



ちょっとこれまでと毛色が違って、タイの田舎暮らしをつづった本を紹介しましょう。

タイ東北部(イサン地方)のムクダハン県で、嫁として暮らしている森本薫子(もりもと・かおる)さんの本です。


私の妻も同じくイサン地方の出身なので、私もこれまでに何度か妻の実家へ行き、数日を過ごしたことはあります。

森本さんのような野生生活(?)をしたわけではありませんが、「うんうん、あるある」と頷きながら本を読みました。


モノの貸し借りが頻繁にあるというより、まるで自分のものとか他人のものというような所有観念がないかのように、勝手に使うと書かれている部分では、思わず笑っちゃいました。

たしかにそうなんですよね。妻の実家でも、誰かが自転車やバイクに乗ってやってきて置いておくと、また別の誰かが勝手に乗っていきます。

バイクなんて、キーをつけっぱなしですから。それで困らないの?と思うのですが、なぜか上手くいっているようです。


オープンエアのようなところで食事をするので、近くを誰かが通れば、必ず「飯食ったか?まだなら食べていけ。」と声をかけると書いてあったのも、まさにその通り。

たいがいは「もう食った」とか言って立ち去るのですが、ときには上がり込んで食事を一緒にすることも。

食べかすなどは、そのまま庭に捨てるし、室内をホウキで掃いても、チリトリで取るなんてことはありません。そのまま外に掃き出します。

田舎だから、それで十分なんですね。


そう言えば私が子どもの頃も、室内を掃いても、ゴミはそのまま縁側から外に捨ててました。

さすがにオープンエアじゃないから、食べかすをすぐ表に捨てるなんてことはできませんでしたが・・・。

と書こうとして、思い出しました。縁側の窓を開けっ放しにしていたころは、よくミカンの皮なんかをそのまま外に放り出していました。

「田んぼだからいいんだよ。」そう、祖父母が言っていたように記憶しています。


なんだか懐かしいなあ。

自然の中で、時間も気にすることなく、今を助け合って生きる。

そういう暮らしもいいものだと思いました。

タイの田舎で嫁になる
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 16:28 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク