2013年12月09日

地球が天国になる話



斎藤一人さんの、最高にぶっ飛んだスピーチが収録された本です。(笑)

そのスピーチのCDも2枚ついています。

2006年の出版というのですから驚きです。一人さんはもう以前から、ここまで踏み込んだことを言われるようになったのですね。


冒頭に、まずこういうことを言われます。

今から、みんなが幸せになる話をします。これしか不幸から抜け出す道がないということで、この話をします。
 非常に簡単な話なんですけど、わかってくれる人が少ないです。百人に一人わかってくれればいいと思って話します。
」(p.10)

最初からこのように予防線を張って、理解し難いけれども本当のことだと言われるのです。


そのまず最初は、「人は何度も生まれ変わる」(p.10)と言うことです。

それから、「親というものを自分で選ぶ」(p.11)と言うことも。

なぜそうかと言うと、その1つに人生は修行だからということがあるのだそうです。

何の修行かと言うと、それは「劣等感の克服」(p.11)という修行なのだと。


このあと、すべての問題の根本原因が、この劣等感にあるという話をされます。

そしてその劣等感の原因は恐れであると言われます。

だから、恐れをなくして、劣等感をなくせば、誰もが幸せになれるということなのです。

実に本質的で、的を射た話だと思います。でもきっと、一人さんが言われるように理解できる人は少ないのでしょうね。


それよりなぜ自分をそんなにいじめるんですか。あなたは自分をいじめているんだよ。
 威張っている人も、あなたは本当は自分をいじめているんだよ。
 何を恐れているんですか。
 恐れより愛を出してください。
」(p.111)

こう言われて、愛を出すために天国言葉を使うことを勧めます。

天国言葉とは、以下の言葉です。

ついてる、うれしい・楽しい、感謝してます、しあわせ、ありがとう、ゆるします」(p.135)


この本のCDを百回聞いてほしいと一人さんは言います。

そうすれば、この内容が自然と自分の中に入ってきて、自分のものになるから。

この考え方が浸透すれば、世界は平和になり、地球は天国になると、私も思います。

地球が天国になる話
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 13:25 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク