2013年11月23日

夢が現実に変わる言葉



また福島正伸さんの本です。

前に紹介した「どん底から最高の仕事を手に入れるたった1つの習慣」の物語で、左遷された親友を励ますために、毎日、元気が出る言葉をハガキに書いて送るという場面があります。

あれも実は、福島さんがされてたことなのですね。

そのことが、この本に書かれていました。


そしてこの本は、そうやって生み出されたたくさんの元気が出る言葉の中から選び、まとめたものなのです。

また、その言葉とともに、背景の解説があるので、よりその言葉の意味が深くわかります。

今はメルマガでも配信されてるそうですが、この本の言葉を毎日1つずつ読むことでも、元気づけられると思いますよ。


どんな言葉が書かれているのか、いくつか引用してみましょう。

自分を
 小さくしているのは自分
 自分を
 大きくするのも自分
」(p.28)

「できる」と思うか「できない」と思うかは自分の考え方次第ですからね。

他人がどう言うかに関係なく、自分がどう考えるかによって、自分の大小が決まるのです。


できるかできないか
 ではなく
 やるかやらないか
」(p.38)

新しいことをやるのに結果にこだわり過ぎると、「できない」理由が出てきます。

ですから、「やりたい」か「やりたくない」かを考えて決めることが重要だと言います。

そして「やる」と決めたなら、あとは「どうすればできるか」を考えれば良いのだと。


「最悪の事態」という
 チャンス
」(p.52)

これはちょっと説明が必要でしょうね。

「最悪の事態」という状態になったとき、それが「チャンス」だというのです。

なぜかと言うと、ともかく頑張るしかなくなるからです。

気を失うくらいに、努力するしかない。そういう状態に追い込まれるのです。

つまり、「最悪の事態とは最強の決意ができるとき」(p.54)だと言います。

だから自分が変われるのです。


こんな素敵な言葉を、常に自分に対してかけてあげたいですね。

そうすることで、自分を愛してあげましょう。

夢が現実に変わる言葉
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 20:31 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク