2013年10月26日

人生には失敗も成功もありません

前にも記事「自分で考え、自分で決める」で紹介した、居酒屋「てっぺん」の大嶋啓介さんとクロフネカンパニーの中村文昭さんの共著に、また興味深いことが書かれていました。

お二人とも、「失敗も成功もない」という考えをされているのです。


中村さんは、人生には失敗がないのだから、何かで失敗したようなときは、「ネタ作り、ネタ作り」と言うのだそうです。

あるいは、「予定通り、予定通り」とか、「大丈夫、大丈夫」などとも。

失敗だと一般的に思われるようなことも、それがネタになるのなら、失敗ではなく成功だとも言えるわけです。

大嶋さんも、諦めない限り失敗はないのだから、失敗はあり得ないと言います。

また成功したとしても一時的なものであって、そこにあぐらをかいていれば足元をすくわれることにもなります。

ですから、失敗だとか成功などと言うのは、人生の中の一時的な状況に対してレッテルを貼っただけであって、決定的な結果ではないのです。


では、人生に失敗や成功がないのだとしたら、人生とは何だということになりますが、「神との対話」シリーズではプロセスだと言っています。

進化成長のためのプロセスです。

退化はあり得ないので、人生における変化はすべて、進化成長の変化なのです。

一般的に失敗と言われるような、ネガティブに感じられる変化であったとしても、それは見方の問題だと言います。


よく例に出すのですが、人間万事塞翁が馬の故事でも、老人は全財産である馬に逃げられたからこそ、その馬が野生馬を連れ帰ることができ、それによって財産を何倍にも増やしたのです。

こうなると、馬に逃げられたことは失敗だったのでしょうか?

そうではなく、財産を増やすためのプロセスに過ぎなかったのです。

しかも、その財産が増えるという出来事でさえ、成功などという結果ではなく、プロセスに過ぎないことがわかります。

野生馬を調教しようとしていた老人の孫(息子?)が、落馬して骨折してしまうのです。

こうなると、財産が増えたことが成功だったのではなく、逆に失敗だったとも言えます。

物語はそれでも終わらず、戦争が始まった時に、怪我をしていた孫は徴兵されず、死なずに済んだということになっています。


このように、出来事だけを単独で捉えて、それを成功だとか失敗だなどと言うことが、どれだけバカバカしいことかがわかります。

人生において成功とか失敗などというものはありません。

単に進化成長の中のプロセスに過ぎないのです。

 

posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 21:17 | Comment(0) | 私の考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク