2013年09月30日

賢者の書



ご存知、喜多川泰さんデビュー作です。

私が最初に読んだのは、「またかな」こと「「また、必ず会おう」と誰もが言った。」だったのですが、これが素晴らしかったので、喜多川さんの本を選んで買っています。

ちなみに「またかな」は映画化され、28日から上映されているようです。

その後に読んだ「手紙屋」も、本当に素晴らしいです。

生き方についての考え方と言うか、成功哲学的な感じの物語なのですが、その視点が斬新です。


この本でも、投資についての考え方が書かれていましたが、その切り口に驚きました。

投資する財産はお金ではないというのです。

人が誰も平等に持っている財産、つまり時間を投資するのだと。

ネタばらしになるから詳細なことは書きませんが、「よくこんなことを思いついたなあ」と感心しますよ。


今回は、電子書籍(Kindle版)で購入しましたが、新装版が出版されています。

9人の賢者が、主人公の少年を賢者にするためにどういうアドバイスをしたのか、ぜひ読んでみてください。

なお、主人公が少年ということで、子供向けという感じがするかもしれませんが、実は隠れた主人公がいます。

それは50歳代の、人生に疲れた男性です。

その男性に私自身を重ねて、とても勇気をもらえたことを告白しておきます。(*^_^*)
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 13:20 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク