2013年09月22日



昨日の「器」に続き、三部作の2冊目になります。

第1章を斎藤一人さんが書かれ、第2章から第4章までをお弟子さんの柴村恵美子さんが書かれています。第5章は斎藤一人さんの講演の書き起こしになります。

また付録として、第5章の内容に相当する斎藤一人さんの講演が、CDとして付けられています。

活字を読むよりも、音声で聴いた方が、一人さんの気持ちが伝わりやすいということなのでしょう。文章を読んでも、かなり激しい感じはしますけどね。


自分の運勢をよくしようと思ったら、”人助け”をするのが一番なんです。自分が助かろうとしているうちは助からないの。自分を助けたかったらまず、人助けをするの。そうすると必ず運勢がよくなるんです。」(p.41)

運を良くする方法として、ツイている人と付き合うようにする、という話は聞いたことがあります。

けれども一人さんは、そういうことは言われません。

前に「黄金律(ゴールデン・ルール)の見方が変わりました」という記事で黄金律について書きましたが、一人さんもそれを勧めています。

まさにこれが王道ですね。


一人さんは昔から、「困ったことは起こらないよ。もし困ったことが起こったら、それは学ぶときが来ただけだよ」と言っていました。
 それと同じで、運がいい人にとって、運が悪いという現象は起こらないのです。起こる出来事すべてが必然であり、学びなのですから。
」(p.128)

これほど本質を突いた理解はないでしょうね。

都合の良いことが起こったときに「ツイてる」は誰でも言えます。問題は、都合が悪いことが起こったとき、それでも「ツイてる」と言えるかどうかなのです。

現象的には同じだとしても、運がいい人は常に「ツイてる」と言い、運が悪い人は時に「ツイてない」と考えるのです。

それだけの違いだと言うのです。


起きた出来事は変えられなくても、それをどうとらえるかを選ぶことはできます。そして考え方や使う言葉も選ぶことができます。その選んだことによって結果は変わります。つまり、あなたは考え方や使う言葉を選ぶことによって、あなたの人生を選ぶことができるのです。」(p.137)

もうまさにその通り。しかり、アーメンですよ。

自分の意思で選択することで、人生を創っています。そのことに気づく必要があるのです。


最後に一人さんの、「覚悟の重要性」に関する講演が載っています。

かなり激しい口調で、「覚悟を持て」ということを言われていますね。

覚悟とは、自分の意思を決めるということです。

何があろうと関係なく、自分の在り方を選択しなさいということです。

要はそういうことなのだと思います。

運
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 17:00 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク