2013年08月29日

本を読む瞑想

昨日、実家から荷物が届きました。

このことを、「EMSが届いた」とFacebookに書いたら、友だちから「EMSって何?」って聞かれ、びっくりしました。

EMSなんて誰でも知ってると思っていたのですが、大きな勘違いでしたよ。


考えてみれば私だって、13年くらい前にタイに来る時まで、EMSの存在を知りませんでしたから。

EMSとは、国際スピード郵便と呼ばれるもので、Express Mail Serviceの略なのです。

強いて言えば、航空便の速達ですかね。

別に速達でなくても良いのですが、手軽で追跡もできるので、あえて航空便にせずにEMSにしています。


改めて、人の認識はそれぞれだなあと感じた次第です。

 

さて、送ってもらった荷物の中には、今回も本がたくさん入ってました。

実家からEMSで送ってもらった荷物

今回も10冊ほど。未読の本がまだ10冊以上あったので、また未読が20冊以上に増えました。

きっと死ぬまでゼロにはならないんだろうなあ。そんな気がします。

 

読書が好きな私ですが、どうも瞑想は苦手なんですよね。

座禅とか試みることはありますが、長続きしません。だって、それほど気持よく感じないんですもの。

それを我慢してやってれば、何か見えてくるのかもしれませんけど、我慢してまでやろうという気にならないのです。


でも、神渡良平さんもそうですが、瞑想を勧める人は大勢います。

「神との対話」シリーズでも、瞑想の重要性が書かれています。

ただ、「神との対話」では、瞑想は必ずしも座ってする瞑想だけではないと言います。

歩く瞑想とか止まる瞑想など、やり方はいろいろあると。

著者のニール氏自身は、書く瞑想が性に合っていると言ってますね。

それで言うと、私は読む瞑想かななんて、都合よく解釈しています。

 

昨夜は、シリーズの11作目、「神より幸せ」という本を読んでいました。

※前に「変えれば、変わる」を11作目と書きましたが、間違いでした。前の記事は訂正してあります。

これももう3〜4回目になりますが、それでも新たに気付かされることが多いです。

今回も読みながら、心に湧き上がる熱い想いがあって、涙が溢れてきました。

「あー、そうだった。そうなんだよ。あー、もう充分だ。これでいい。これでいいんだ。」

そんな気持ちです。


言葉にすると、わからないですよね。

たしかに、しばらく時間がたつと、その感動した部分を思い出してみても、同じような感情にはなりません。

あのときは、心の状態がまったく違うのです。

ですから、私としては読書をしながら瞑想していた気分なのです。


具体的にどういう気付きかというと、私とはすべてのものだということです。

これは、私たちは「ひとつのもの」だというのと同じことです。

あるいは、神とか宇宙霊はすべてだと言うのも同じです。

でも、いくら言葉でそう言っていても、ピンときているかどうかとは別の問題なのです。


読書をしていたあの瞬間、その部分を読みながら、心に何かがカチッとはまったのです。

「そうだよ、これだよこれ。こういうことなんだよ。」

魂が自分自身を発見した喜び、と言えば良いのでしょうか。

すでに知っていたことを追認しただけなのに、まるでアメリカ大陸を発見した時のコロンブスのように、心が狂喜したのです。

 

こういうことがあるから、読書ってやめられないんですよね。

特に「神との対話」シリーズは。

これを読み終えたら、またシリーズ1作目の「神との対話」に戻ります。

次からは、その日に読んだ中で気に入ったところを、Facebookに書こうかなと思っています。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 18:10 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク