2013年08月27日

マジだぜ!



元暴走族の総長だったという異色の非行カウンセラー伊藤幸弘氏の子育て論が書かれた本です。

自身が非行に陥っていただけに、非行に走る子どもの心理がよくわかる。

この子たちを、このままにしておけない。

そんな思いから、非行に走る子どもの面倒を見るようになり、それがきっかけでカウンセラーの道へ。


伊藤氏は、「親が変われば、子どもは変わる。」と、何度も本の中で言います。

非行に走る子は寂しいのだ。親がこれまで「過干渉」で子どもを精神的に虐待してきたから、耐えられなくなった子どもが悲鳴をあげているのです。

だから、子どもを「過保護」にすべきだと言います。


ここで言う「過保護」は、世間で言うところ過保護とは違います。

よく、「甘やかすからダメになる」という言い方をしますが、「甘えさせないからダメになる」のです。

伊藤氏はこのことを、「依存させる」ことだと言います。

私がふだん使っている「依存」とは、また違う意味になります。「甘えさせる」という表現が、ふさわしいと思います。

と言うのも、伊藤氏も本の中で、前に紹介した佐々木正美さんの考えを支持しているからです。


この本には、伊藤氏がどうやって子どもたちを救ってきたかが、手に取るように書かれています。

それを読んでいると、1つのパターンがあることがわかりました。

それは、ガツンと怒って、子どもが萎縮したときに優しく語りかけるというやり方です。

目覚めさせるためにショックを与えるというやり方ですが、私自身は、その必要性もないと感じるのです。

本気であることが伝われば良いのですから、方法はあります。


なぜそんなことを言うかというと、これを読んで、短絡的に「やはり体罰が有効なのだ」と思われたくないのです。

叩かれて、痛みを与えられて、愛情を感じることはありません。

伊藤氏がやっているように、そのあとしっかりフォローする中で、初めて愛情を感じるのです。

だとしたら、無理に痛みを与えなくても、目覚めさせる方法は他にあると思うのです。


しかし、そういうことはあっても、本気で子どもと向き合い、何とかしたいという伊藤氏の姿には頭が下がります。

本に出てくる母親との話し合いを読んでも、伊藤氏の言う「過保護」「過干渉」の違いをなかなか理解できない親がいることがわかります。

そういう親を相手に、間違いに気づかせ、親自身が変わるようにしむける。

これだけでも大変なことだなあと思うのです。

マジだぜ!
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 17:03 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ