2013年08月26日

起こる変化はすべて良いこと

昨日は日曜日で、特に予定もなかったので部屋でまったりと過ごしました。

朝は例によって、近くのドライビングレンジでゴルフの練習。

それから部屋に戻って、掃除、洗濯、アイロンがけと、家事をこなしました。

妻は、今週中にはバンコクに戻ってくるとのこと。洗濯やアイロンがけも、これが最後でしょうか。

その間に、ブログのネタ用に地カレーを食べて、写真を撮って送信しておきます。


午後からはFacebookをチェックしたり、LINEで妻に近況報告したり、本を読んだりしながら、1日を過ごしました。

読んでいる本は、「神との対話」シリーズの12冊目、「変えれば、変わる」です。

もちろん、読書のお供はビールです。(*^_^*)

タイのシンハーというメーカーが作っている格安ビール、LEOです。タイ人はこれを、リオーと言います。1缶が33バーツほどなので、約110円ですね。

休日の午後はビールと読書

眠くなったらソファーで眠り、起きては本を読み、時には本を置いて思考を巡らせます。

これも300ページはある厚い本ですが、この日だけで3分の2くらい読んでしまいました。

 

この本も、もう3回目か4回目になるはずですけど、何度読んでも新鮮で、そのたびに気づきがあります。

今回の一番の収穫は、「変化はすべて良いもの」という事実です。


これまで、「出来事はニュートラル(中立)で、自分の意志で意味を与えることで、それが自分の現実になる」というような言い方をしてきました。

たしかにそう言っても間違いではないのですが、魂のレベルで考えるなら、変化、つまり起こる出来事は、すべて良いことなのです。

これに気づくと、もうどんな変化も怖くなくなります。

失恋や家族の死という人間関係の終りも、リストラや倒産という社会的あるいは経済的な関係の終りも、それ自体は悪いことではありません。

本の帯に書かれているように、「一つのドアが閉まるたび、もう一つのドアが開く。」のです。


1つの人生では、同時に複数の生き方をすることはできません。

何か新しい関係を作るときは、それまでの関係を終わらせなければならないのです。

ですから、今、何かが終わろうとしているということは、何かが始まろうとしている、ということなのです。

頭(理性)は、それを怖れ、今までの関係を続けようともがくかもしれません。

しかし、魂には、今までの関係に留まっていても、進化成長できないことがわかっています。

ですから、無理にでも新しい関係の中に、自分を放り込もうとするのです。それが変化です。


本を読んだり、あれこれ考えたりしながら、まったりと過ごした1日です。

考えてみれば、こんなゆったりした時間が過ごせるということは、私は本当に恵まれていますね。

安心の中に1日が過ぎていく。ありがたいことだと思いました。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 13:59 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク