2013年08月13日

また妻が田舎に帰りました

今朝7時の飛行機で、妻が田舎に帰りました。

先月の24日の田舎に帰り今月の3日に戻ってきたばかりなのですが、またです。

ただ今度は、お義父さんが危篤だとのこと。妻は「どうしたらいいの?」と叫びながら狼狽していました。


昨夜はあまり寝ることもできず、今朝4時過ぎに起きて空港へ行き、また妻を見送ってきました。

今度は少し早かったのでアパートに戻り、小一時間ほど寝たので、少しは楽です。


妻のお義父さんは、たしか私より4つか5つくらい上なだけです。まだ60歳になっていません。

最近はお酒もビールも飲まないと聞いていましたが、4月に田舎に行ったときは、ソンクラーンのお祭りということもあって、一緒にビールを飲みました。

そんなに健康を害しているようにも思えなかったのですが、何があったのでしょう。

妻は多くを語らないし、仮に説明をしたとしても、タイ語では私がほとんど理解できないでしょう。

わかったのは危篤だということだけ。


とりあえず妻が先に田舎に帰り、様子を見ることになっています。

もし万が一、亡くなられるようなことがあれば、私も葬儀に出るために田舎に行くことになると思います。

 

人の命は、いつ、どこで失われるか、まったくわかりません。

生まれた瞬間から死に向かって歩むのが人生だとも言いますが、誰にも等しく平等に訪れるのがです。

誰が先かという違いはあっても、必ず死にます。死亡率100%などと言う人もいますよね。


そういえば今週号のみやざき中央新聞にあった野澤卓央さんの講演録に、家族、財産、友だち、恋人など、大切なものはいずれ必ず失うのだ、ということが書かれていました。

自分が死ぬときには必ず手放さなければいけません。どれだけ頑張って手に入れたものも必ず手放すということです。

まるであるのが当然かのように思っているもの、自分の所有物であるかのように感じているもの、そういうものをすべて手ばなすこと。それが死だと言うのです。


身近な人の死を考えると、たしかにそうだなと改めて思います。

妻のお義父さんが今回は助かったとしても、必ずいつかは死にます。

そう考えると、その命の大切さを感じさせてくれたわけですから、昨夜からのドタバタも、悪いことではないと思います。

もちろん、今それを妻に言ったところで、受け入れることはできないでしょうけど。

 

<お知らせ>

このブログも1年以上になり、ずいぶんと書きたいことを書いてきました。

幸せ実践塾「幸せになる方法」を知りたい方は、過去ログをご覧いただくだけで、充分な内容があると思います。

なのでこれからは、比重をメルマガ「SJ通信」の方へ移したいと思います。

ブログも更新しますが、内容的には軽いものになる予定です。

どうぞ、メルマガ「SJ通信」にご登録くださいますよう、お願いします。


メルマガ「SJ通信」への登録はこちらからどうぞ
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 12:28 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク