2013年07月05日

読書は瞑想です

Facebookページの「幸せ実践塾」が、最近盛り上がっています。

それは、私が読んだ本を紹介していて、それに共感される方が多いからだと思います。


最近紹介した中で反応が大きかったのが、神渡良平さんの本ですね。

神渡良平さんの本

神渡さんもFacebookをされていて、友だちになっていただいているということも、反応が大きかった理由の1つだと思います。

それとやはり、神渡さんの優しい人柄でしょうか。

それほど有名でない方の、一隅を照らす生き方を感動的に紹介されるところが、人気の秘密かもしれません。

これまでにブログで紹介したのは、以下の本です。

「安岡正篤「宇宙と人生」」
「静寂の時間がいのちの根を養う」
「一隅を照らす生き方」
「中村天風「幸せを呼び込む」思考」
「安岡正篤 立命への道」
「西郷隆盛 人間学」
「神様が教えてくれた幸福論」 ※小林正観さんとの対談です。

 

次に反応があったのが、本田健さんの本です。

本田健さんの本

健さんの本を読むと、誰でも幸せに自由に生きられるんだよと、励ましてもらえます。

堅苦しさのない平易な文章は、若者にとっても読みやすいと思います。

これまでにブログで紹介したのは、以下の本です。

「きっと、よくなる!」
「幸せな経済自由人という生き方」
「あなたのお金はどこに消えた?」
「愛とは、怖れを手ばなすこと」 ※著者はジャンポルスキー氏ですが、健さんが翻訳しています。
「ユダヤ人大富豪の教え」シリーズ3冊

 

最後は、この本に反応があったのかどうかわかりませんが、私が強烈に押しているものです。

そう、「神との対話」シリーズですね。

Facebookページに「いいね!」を押してくださった方が500人を超えた記念(?)に、2007年10月13日に撮影したシリーズの写真を載せました。

「神との対話」シリーズ9冊

改めて写真を見て気づいたのですが、このときはまだ9冊だったのですね。今はすでに12冊になっています。

それで昨夜、シリーズ12冊の記念撮影をしました。

「神との対話」シリーズ12冊


最初に出版された「神との対話」は、もうすでに5〜7回くらい読んだと思います。

最後の「神よりしあわせ」でも、少なくとも3回読んでいますから。

何度読んでも飽きることがないというか、読むたびに新たな気づきが得られます。


今は、「明日の神」を読んでいますが、その中で読書することを勧めていました。

読書するのは、何も知識を得ることだけが目的ではありません。

本を読むことに没頭する中で、実は自分自身と対話するのです。本当の自分と出会うのです。

そういう意味で、読書もまた瞑想の一種と言えると思います。



あなたには、何度も読みたくなるような大好きな本がありますか?

もしそれがあるなら、あなたはいつでも幸せになれますよね?

不安や心配を遮断し、いま、ここに没頭させてくれる。だから、幸せでいられるのです。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 13:44 | Comment(0) | 実践内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク