2013年03月02日

この世に偶然起こる出来事は1つもない理由

今朝、「神との対話」シリーズの1冊目を読み終えました。

続けて2冊目に入ります。

「神との対話」シリーズ


私がどうしてこんなにもこのシリーズにハマったかと言うと、やはりそこに私の真実があったからだと思うのです。

つまり、魂が喜ぶ体験とでも言うのでしょうか、「これだよ、これ。」と心の底から思えたからです。

最初は意味がわからないこともあったし、オカルトっぽく感じたこともありました。

でも、どうしても「ここには何かがある」という思いが捨てられなかったのでしょうね。


特に、よく言われるようなことでも、そこに論理的な理由が示されていることが大きかったです。私は理屈っぽい性格ですから。

たとえば、「この世に起こることはすべて必然で、偶然はない。」などと言います。

今では私もそう言いますが、どうしてそんなことが言えるのでしょうか?

その理由を「神との対話」では、明確に示しています。

つまり、出来事は私たち自身が創造しているから。


よく考えてみてほしいのです。

もともと起こっている出来事の中で、たまたま時間と空間が一致したときに体験するのだとしたら、これは偶然に左右されないはずがありません。

中には必然的に導かれるものもあるでしょうけど、多くは偶然でしょう。

だって、その時間にその場所にいるかどうかなんて、今の私にはわからないし、何によって予定が変わるかもしれないのです。

でもそれが、私たちが自分でその出来事を創造しているとしたらどうでしょう?

原因はすべて自分にあります。自分が原因となって、出来事という結果を生み出しているのです。

これは原因と結果の法則に縛られていますから、必然でないはずがありません。


「いや、そうは言っても出来事には1人で経験するものばかりじゃなく、いやむしろ、多くは何人かで経験することじゃないの。それを自分だけが原因かのように言われても...。」

気持ちはわかります。私も同じように思いましたから。

そこを「神との対話」では、集団的な意識が集団としての経験を生むと説明します。

つまり自分一人の思いではなく、私たちの思いが合成されて、1つの出来事を引き寄せるのだと。


「それぞれが自由に考えることができて、その考えが原因となって出来事を引き寄せるのでしょう?誰と誰がどこでどんな出来事に遭遇するかなんて、そんな複雑なパズルみたいな組合せができるはずないでしょう。」

これについても、私も同じように考えました。

まあたしかに神様は全知全能ですから、そんなことができるのかもしれませんけどね。

それにしても、神が人間の考えにノータッチなら、なかなか難しいことのように思います。


それを「神との対話」では、私と神とは一体であり、あなたと神ともまた一体だと説明します。

つまり、私たちはバラバラのように見えて、実は「ひとつのもの」なのだと言うのです。

もし「ひとつのもの」であるなら、そんな複雑なパズルの組合せも、不可能ではないかもしれません。


他にも、「私たちはなぜ自由を喜び、自由をもっとも大切に考えるのか?」「思考が原因で出来事が結果なら、どうして思い通りにできないことがあるのか?」「性欲を抑えないと大変なことになるのに、どうしてそんな危険な性欲というものを人は持ち、セックスに対して大きな快楽を感じてしまうのか?」などなど。

様々な疑問に感じることに対して、論理的に理由を説明しています。

そしてそれらの説明に矛盾がなく、体系的になっています。全体的に理論が統合されているのです。

その美しさに感動しました。


この本の中で、まずは自分がそのように生き、その真実を包み隠さずに語ることだとありました。

ですから私は、そうしようと思ったのです。

それが具体的にどう誰かの役に立つのかとか考えず、ともかく自分がそのように生きることと、私自身のことを正直にすべて話そうと思いました。

このブログは、その試みでもあるのです。

 

さて、今日はFacebook友だちの福本さんに紹介されて、「つぼやクリニック」というところへ行って来ました。

なんでも金気功を取り入れ、鍼灸と同じように筋肉の疲れを取り、身体を癒してくれるのだとか。

福本さんが、つぼやクリニックの野村先生が私とよく似ていると言うので、興味を持ったのです。


いつもなら、「あまり必要とも思えないし、適当なことを言って、行かずにおこう。」と思うところです。

ともかく自分のことに対してはお金をかけないのが私のモットーですから。

病院も、滅多なことでは行かないと決めていますし。

しかし今回は、せっかく紹介されたのだから行ってみようと思いました。

ちょうどヒザとヒジを痛めていて、特に最近痛めたヒジが良くならないと、ソフトボールもゴルフもできなくなりそうです。

それで、その治療もできるならということで、予約したのです。


行ってみると、小さな整体院といった感じです。

でも整体とはまたちょっと違った感じで、患部あたりをポンポンと指で叩きながら施術してくださいます。

聞くと、金箔(金粉?)を塗り込みながら、筋肉を緩めたり引き締めたりするのだそうです。

原理的には針とかお灸とかと同じようなのですが、それを金箔を使ってやっているのだとか。


どうやってそういう方法を見つけたのか尋ねると、タイに来て、みんなが仏像に金箔を貼っているのを見たとき、何かあると感じたのだそうです。

日本の寺社などで香を炊いて、その煙を頭にかけたり、身体の位が悪いところにかけるという風習がありますが、実はあれも元はお灸から来ているのだそうです。

ですからそういう風習には、何か理由があるはずと睨んだわけですね。

目が悪い人は仏像の目に金箔を貼る。そういうタイの風習から、金箔と治療の関係に気づき、鍼灸師としての経験から、試してみた金箔でも同様の効果があったということなのでしょう。

ヒジの治療用のテーピング

ヒジは筋肉が弱っているとかで、その働きを強めるためのテーピングをしてもらいました。

そして、筋肉を強めるための運動を毎日するようにと、その方法も教わりました。

「ヒザは潤滑油不足ですね」と言われ、こちらはなかなか治りにくいようです。


35歳くらいのとき、富士山へ登る準備として高尾山に登ったとき、下りの途中で痛めた左ヒザです。

そして富士山登山のときも、下りで歩けないほど痛くなりました。

草野球でキャッチャーをしていて、その立ったり座ったりの動作の中でも右ヒザを痛めました。

タイに来てからはなんともなかったのですが、2年くらいまえ、曲げ伸ばしすると関節がポキポキと音がするようになってから、すぐに両膝が痛くなりました。

病院へも行きましたが、結局、炎症が引くまで待っただけで、何も治療らしいことをしていません。

今は痛みはほとんどないもの、ヒザの違和感は残ったままで、不安で走れない状態です。


さて、こんなヒジとヒザの故障ですが、金気功とやらで治るのでしょうか?

野村先生は、タイに9年住まわれているとか。

プーケットの津波、クーデター、黄シャツによる空港閉鎖、赤シャツと警備隊との衝突、洪水など、共通する話題で盛り上がりましたよ。

風貌は、たしかに私と似ているところもありますね。

しばらく通ってみようと思っています。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 19:38 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ