2013年02月12日

幸せの習慣を身につける

ブログにも書きましたが、私は本当に恵まれていると思います。

そんな私でも、時には落ち込むこともあるし、不安にもなります。

けれども、そういう感情を引きずらないようにしています。


それは、幸せの実践を通じて、日々刻々、自分の思考を問い直すことによってです。

瞬間的に湧き上がるマイナスの感情はあっても、それを持続させません。

それができるのも、理屈で本来の姿(私の真実)を理解しているからです。

また、つい忘れてしまっていても、すぐに思い出せるような習慣を持っているからです。

だから理論と実践が重要だと、私は思うのです。

 

その私の実践についてお話しましょう。

「神との対話」シリーズを毎日少しずつ精読するという習慣は、本当に役に立ちますね。

10月から始めて先日まで約4ヶ月半でシリーズ12冊を読み終えました

1冊が約300ページあるとすると、1日約30ページ弱です。

忙しい日は、本当に朝の10分くらいしか読めませんが、帰ってからじっくり読めると、寝る前に30分は読みます。

週末には、1日に100ページ読むこともあります。


私自身はそれほど読書家とも思っていません。

ですが、こうしてみると、1ヶ月に約3冊のペースです。

これ以外にも1〜3冊くらいは毎月読みますから、月に5冊は読んでいるでしょうか。


他でも書いていますが、読書というのは本当に安くて有効な投資だと思います。

月に5冊だとすると、全部を新品で買っても1万円以下です。

しかも、同じ本を何度も読み直せますからね。

 

最近ちょっと落ち込んでいたのも、「変えれば、変わる」を読んで、完全に復活しました。

その中の究極の言葉は、これでした。

「変化はすべて良いものだ」


生命は、それ自体が持続するために変化します。

それは生命の目的に適っています。

そして生命の目的とは、進化することです。

したがって変化とは、すべて生命が進化するためのものなのです。


私たちの目には、一見、悪いことのように見える変化があります。

けれども、それが本当に悪いことかどうかは、後にならないとわかりません。

そのことを、「人間万事塞翁が馬」という故事が示しています。

それなら、どうして目の前の変化を「悪いこと」と決め付けなければならないのでしょうか?

「これが幸いの兆しにならないとも限らないさ。」

そう考えることだってできるはずです。


「そんなの気休めだよ。」

そう思われますか?

たしかに、そうかもしれません。

そうかもしれませんが、そうだとしたら、どうだと言うのでしょう?

逆に心配したら、何か得なことがありますか?

得なことがないなら、やめた方が良いと思いませんか?


それだけのことですよ。

 

多くの人は、感情は自然に発生するもので、自分で制御できないと考えています。

あるいは、たとえコントロールできても、それはよほど修行を積んだ人だけで、凡人には無理だと思っています。

そういう信念を持っているから、本当の姿が見えないのです。


本当は簡単にコントロールできるかもしれない。

そういう可能性を、少しは受け入れてみませんか?

その可能性を受け入れることが第一歩になります。


可能性を受け入れれば、その仕組を調べたいと思うでしょう。

そしてそれが理屈に合うなら、そのとおりにできるようになりたいと思うでしょう。

そして練習を繰り返すことで、最初は難しかったことも、徐々に簡単にできるようになるのです。


「千里の道も一歩から」と言います。

成功するコツは、第1に「始めること」です。

第一歩を踏み出すことです。

そして第2に、「続けること」です。

成功するまで続けることで、必ず成功するのです。

 

私たちは、ただ偶然にこの世に生じた無価値なものではありません。

多くの人々が証言しているように、自分で生きる環境を選んで生まれてくるのです。

つまり、必然的なのです。

必然的ということは、そうするだけの価値があるということです。

そんな価値のあるものが、どうして意味のない人生を送る必要性があるでしょうか?

ですから、どんな人生にも素晴らしい価値があります。

それがたとえ不遇の死を遂げるものであっても、寝たきりになって身動きできないものであっても、人生には価値があるのです。


そんな人生における変化が、悪いことであろうはずがありません。

生きる環境さえ自分で選ぶ魂が、どうして悪い変化を自分に引き起こすでしょうか?


 

魂への絶対的な信頼を取り戻しましょう。

私たちの本質は身体ではありません。

身体は、魂がこの世での仕事を効果的に行うための道具です。

良い仕事人は道具を大切に扱い、大事にしますが、その道具が壊れても、良い仕事人でい続けます。


だから、どんな変化が起ころうともいいじゃありませんか。

現れた出来事に対して、こう言いましょう。

「これでいいのだー!」
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 17:54 | Comment(0) | SJ通信過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク