2013年01月30日

答は自分の内にあることを実感しました

先日の夕方、妻から電話が掛かって来ました。

妻との会話はタイ語ですが、私はそれほどタイ語が使えるわけではありません。

日々話していることならだいたいわかりますが、想定外のことを、しかも電話で話されるとまったくちんぷんかんぷんです。

このときも、ところどころ言っている単語はわかるものの、何を言いたいのかよくわかりません。

私が理解したのは、以下の様な話でした。


「今日、帰ってきてもトイレの水が流れないからね。エレベーターに張り紙がしてあったでしょう?水道管の取り替え工事をしたせいなの。アパートの技術者には言ったけど。水が茶色になってるのよ。洗濯を1回やったけど、2回目ができないの。あなた、帰ってきたら見てね。掃除してほしいの。」


これを聞いた私は、「???」という状態になりました。

「ねえ、聞いてる?帰ったら見てね。」

私が理解してなさそうなので、だんだんと妻もイライラしてきているようです。

でも、そう言われても、いったい何を見るのでしょう?それに、見てどうしろと言うのでしょう?

「見てよ。それから掃除をして。洗濯機よ。」

ますます「???」です。だって、水が流れないんでしょう?おそらく水道管工事が終わらなかったか何かで。

それに、工事の影響で水が濁って、それで洗濯を1回やったのなら、洗濯物が汚れたんでしょうか?

それをきれいにする(=掃除)ってこと?いや、水が出ないなら洗い直すこともできないでしょう。

いったい私にどうしろと...。

私が口ごもっていると、ついに妻が切れました。

「ともかく、帰ったら見なさい!見ればわかるから。」

いやあ、見ればわかるようなことなら、わざわざ電話してこなくても良いと思うのですが...。

 

なかなか大変だと思うでしょう?実際、大変です。(^_^;)

あとでわかったのですが、妻は出かけるから、帰ってきた私が戸惑わないよう電話したようです。

それと、私の理解に大きなミスがありました。

トイレの水が流れない件とは別の話で、洗濯機に汚れた水が溜まったまま動かなくなっていたのでした。

トイレの水の件は、タンクに水が溜まらないということで、その後、アパートの技術者さんを呼んで解決したそうです。

私のタイ語レベルがどれほどのものか、これでよくおわかりでしょう。

台所の水道の蛇口からは、しばらくサビなどで汚れた水が出るものの、そのうちきれいな水が出るようになりました。


そうなると、あとはどうして洗濯機に水が溜まったままになっているかです。

汚れた水で排水管が詰まっているのでしょうか?

もう外は暗くなっているし、洗濯機はベランダにあるのですが、そこにある照明はそんなに明るくありません。

洗濯機の裏を開けたりするのも大変ですし、とりあえず放っておくことにしました。


すぐに解決できそうにないときは放っておく。

まあ、明日になればなんとかなるでしょう。とりあえず水は出るのだし、洗濯も1回分が終わっているなら、着るものに困ることもないし。

そう思って、あまり深刻に考えずにいました。


その夜、ベッドに入って寝ようとしていたとき、ふとある考えが頭に浮かびました。

「あれだけ汚い水だったら、蛇口のフィルターがまた詰まるかなあ。」

以前、洗面所の水道の水が、やたらと散らばるような出方をしていたとき、フィルターを見たら目詰りしていたのです。

そのことを思い出したのでした。

その瞬間、なぜか洗濯機の問題もそれで解決しそうな気がしたのです。


水が溜まって流れないのですから、問題は排水にあるはずです。

それなのに、給水側のフィルターの目詰りが気になり、それを解消すれば何とかなりそうだという気持ちになりました。

今考えても不思議なのですが、そのときは寝る前で意識もはっきりしていなかったのかもしれません。

理性を超えた所で、これでいけるという気になったのです。


翌朝、すぐに洗濯機の給水側のホースを外し、フィルターを点検しました。

やはりかなり詰まっています。それを掃除して、きちんと水が出るかどうかのテストです。

最初は「すすぎ」だけで試そうとしたのですが、上手くいきません。なぜか動かないのです。

それで仕方なく、「洗濯」からしてみることにしました。

すると、回りだしてしばらくすると、水が出るのです。そのとき、ピンと来ました。

この洗濯機は、洗濯の間に給水するようになっているのです。その水が出ないものだから、コンピューターが洗濯を止めてしまったのでしょう。

それで水が溜まったまま、動かなくなっていたのに違いありません。

そう言えば前の晩も、試しに「洗濯」で動かそうとすると、水がチョロチョロと出ていました。

その出方が少なかったから止まったままだったのでしょう。


みごとに問題が解決したわけですが、私は洗濯中に給水されることや、その給水がされないと止まってしまうことは、まったく知りませんでした。

たしかにチョロチョロと給水されてるところは見ていますが、それを必要な給水とは理解していなかったのです。

それなのに潜在意識は、私に的確な解決方法を示してくれました。

ほら、こんなことがあるんですよ。

 

その後、私はすべての蛇口のフィルターを掃除しました。

やはりどのフィルターもかなり詰まっていました。


タイのアパートはタンクや水道管が汚れていることが多く、水道水が汚くなります。

水道の水そのものは飲めるほどきれいだと言われますが、腐食した水道管を通ってくるために汚れるのです。

目詰り防止のためにも、定期的にフィルターを掃除しないといけませんね。

もちろんそれだけでは飲水に適さないと思いますから、水道水を飲むなら浄水器をつけるか、飲水は別途購入する必要がありますよ。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 09:24 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク