2012年12月18日

陽極まれば陰に転ず

難しそうなタイトルでごめんなさい。易経(えききょう)の話です。

中国の古典で、筮竹(ぜいちく)を使って森羅万象の変化を予想する占いでもあります。

「易」とか「易占い」と書いて、椅子に座っている人を見たことがありませんか?

あれも易経をもとにした占いをしています。四柱推命とか、それをもとにした六星占術なども、元をたどれば易経に行き着くわけです。


ただ、これを「当たるも八卦」の単なる占いと考えてはいけません。

なぜなら、易経は儒教の基本書籍である五経の1つとされているからです。立派な学問の書籍なのです。

 

そんな難しい易経ですが、エッセンスはそれほど難しいものではありません。

世の中はすべて、陰と陽の2つから成り立っており、陰の中にも陽があり、陽の中にも陰があると説いています。

陰とか陽という呼び方がしっくり来なければ、マイナスとプラスでも、女と男でも、闇と光でも、何でもかまいませんよ。

ともかくそういった相対的な、対照的な2つの要素の組合せが、この世の森羅万象だと言うのです。


しかもそれらは、常に動き続けます。

陰から陽へ、陽から陰へと、絶え間なく変化すると言うのです。

その変化を見極め、予想することで、将来起こることに対処するというのが、易経の目指すところでもあるのでしょう。


易経に、こんな言葉があります。

「陰、極まれば陽に転ず。」「陽、極まれば陰に転ず。」

つまり、マイナスも行き着くとプラスに変化するし、その逆もあると言うことです。


これはなんとなく理解できると思います。

「冬来たりなば春遠からじ」「夜明け前が最も暗い」「禍福はあざなえる縄の如し」

そういうように、私たちの先輩たちも言っています。


つまり、この世はすべて陰と陽の変化のリズムでできているのですから、落ちるところまで落ちれば、あとは自動的に上昇するのです。


このことを言葉では知っていても、腹まで落とし込んでいない人が多いようです。

ですから落ちることが怖くて、もがいてしまうのでしょう。

落ちるなら、落ちるところまで落ちたらよろしい。そうすれば、あとは登るだけなのですから。


昇り龍降り龍の絵をご存知ですか?

下まで落ち切って、頭を上に向けた瞬間の龍が昇り龍です。その逆に、上まで登り切って、頭を下に向けた瞬間の龍が降り龍です。

あの絵も、実は陰陽を表しているのです。

 

もう1つ重要なことがあります。

陽が良くて、陰が悪い、ということではない、と言うことです。


陰も陽も、単にエネルギーの度合いを示しているだけであって、陰と陽の間の変化とは、単にエネルギーの増減のリズムに過ぎないのです。

呼吸も、吸うのが良くて、吐くのが悪いわけではありません。単にリズムに過ぎないのです。

男が良くて、女が悪いのでもなく、夏が良くて、冬が悪いわけでもありません。


ですから、下り坂の時に「悪い」と決めつけて意気消沈するとしたら、それは事実を見ない滑稽なことと言わざるを得ないでしょう。

仮に万人が「悪い」と言おうとどうしようと、あなたがそれを認めなければ良いのです。


景気が下降気味だと、景気が悪いと表現します。

それは単にその人の価値観であって、事実を表したものではありません。

会社に就職できないことが悪いのではなく、会社に就職できないからこそ、他の生き方が選択しやすくなるというメリットさえあるのです。

昨日紹介した吉江勝さんの新刊、「どんな人にも1つや2つ儲けのネタはある!」を読むと、そのことが書かれています。

今は就職難だからこそ無理に会社に就職しようとせず、やりたい仕事が自分のペースでできる起業という選択肢を選びやすくなっている。

そう考えたら、今の時代を「悪い」と決めつける方がおかしいしでしょう。

また、そう決めつけるのは、自分で自分を不幸にしようとするのと同じことだと思うのです。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 13:22 | Comment(0) | 幸せ実践塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク