2012年11月23日

大学を辞めてしまったようです

私には、甥っ子が2人います。

そのうちの1人が、大学を辞めてしまったようです。


実は昨年、その甥っ子が悩んでいるから相談に乗ってやってくれと、家族から言われました。

彼の名を、仮に「Kくん」としましょう。

私はKくんに、タイに来るのなら時間をとって話をすると伝えました。

それから紆余曲折があったものの、今年の3月くらいにKくんは1人でタイまで来ました。

初めての海外旅行です。


具体的な悩みはよくわかりませんが、要はどう生きたら良いか迷っていたようです。

そして、周りの期待に応えなければならないというプレッシャーに、押し潰されそうになったのでしょう。



私は、私の生き方を話しました。

広島大学を中退し、新聞奨学生をしながら国士舘大学で学んだことも話しました。

人は、どんな生き方でもできる。

もし今、自分がどう生きれば良いのかわからないなら、今いる場所で一所懸命にやってみることも良いし、今の環境とはまったく異なるところへ行ってみるのも良いと。


甥っ子は、考えてみると言いました。

それから何の連絡もなかったので、元気にやっているのだろうと思っていました。

 

そこへ先日、母親から手紙が届いたのです。

Kくんに何か言ってやりたいのだけど、私の意見を聞きたいと。

何があったのかわからず、私は「お母さんの好きなようにしたらいいよ」と伝えました。

私が話したいことは、すでに話をしてあるし、私はKくんのことを信頼しているからと。


その後、母が心配したのは、Kくんが大学を辞めたと聞かされたからだとわかりました。

でも、甥っ子はさばさばとしているようです。

 

私は、中学3年の時、母に対して「高校へ行かない!」と言ったことがあります。

同級生の友人が中卒で大工になるという話をしたとき、その生き方を母が否定したからです。

友だちを否定されたことへの反発から、そう言ったのです。もちろん、本気じゃありません。

けれども、そんな生き方があっても良いじゃないかと思いました。


私自身は、臆病で、他人の期待に応えようとするタイプでした。

ですから、普通の生き方から外れることは考えられませんでした。

しかしその一方で、自由に自分らしく生きたいという気持ちもあったのです。


おそらくその考えは、父親譲りなのでしょうね。

先月、帰省した時に、父から結婚のエピソードを聞かされました。

結婚披露宴で、親戚の人たちに付き合って延々と酒を飲むのが嫌だった父は、わざとその日のうちにハネムーンへ出発する予定を立てたのです。

あとから恨みごとを言われたようですが、父はそんなことを気にしなかったようです。

保守的な田舎にあって、満州帰りの貧乏人のくせにとバカにされることがあっても、それでも自分の生き方を貫いた父。

そんな話を聞かされて、その血が私の中にも流れているのだと思いました。


もちろんKくんにも、その血は流れています。

彼はやっと、周りの人に敷かれたレールから外れる決断をしたのです。

本当は、周りの人が敷いたわけではありません。

敷かれていると自分が思い込んでいただけです。

いずれにせよ、そこから外れて、自分で道を探そうとしています。


私は、大学を辞める決断をした甥っ子を、誇りに思います。

 

Kくんがまだ小学生になる前のこと、私の両親と一緒に広島にある彼の家へ行きました。

その後、島根の実家へ一緒に行く予定でした。

甥っ子には2歳下の弟がいるのですが、そのとき弟がまだ2歳くらいだったでしょうか。

おもちゃの滑り台を何度も滑っては、「どうだ!」というポーズをします。

それを見て両親などは大喜びで、「すごいねー!」とか言って、拍手しました。

そうやってみんなが弟にばかり注目するので、Kくんはだんだんと機嫌が悪くなりました。

そしてついに、「ぼくは島根に行かないからね!」と怒ったのです。


そのとき私は、見捨てられたような気がして腹を立てたKくんに、自分の過去を重ねました。

私もまた、そういう思いを経験してきたからです。

私はKくんと2人きりになって、一緒に畳の上で寝っ転がりながら言いました。

「おじさんは、Kくんと一緒に行きたいなあ。だって、その方が楽しいもの。Kくんは、おじさんと一緒だと、楽しくない?」

気にかけてもらえることがわかって、Kくんもだんだんと機嫌が良くなってきました。

「ほら、一緒に行かないと、くすぐっちゃうぞー。」

甥っ子は、けたけた笑いながら逃げ回ります。そしてついに折れました。

「わかった。もうやめて。行くから。一緒に行くから。」

Kくんは嬉しそうでした。


もし今、私がKくんに語るとしたら、こんなふうに言うでしょう。

「おじさんはね、Kくんのことが大好きだから。だから、いつも応援しているんだよ。」

「困ったことがあったら、頼りたくなったら、いつでもやってくればいいよ。絶対に拒否したりしないからね。」

「大胆に、思いっきり、好きな生き方をしたらいい。誰かが敷いたレールの上を進むのではなく、自分で切り開いた道を、堂々と歩きなさい。」

「そうすれば、幸せでいられる。幸せでいれば、本当の自分を表現することができる。」

「おめでとう!やっと自分の足で歩くことを始めたKくんを、おじさんは誇りに思うよ。」
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 13:52 | Comment(0) | └ 家族のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク