2012年10月25日

「平穏死」という選択



「平穏死」という奇妙な言葉なのに、なぜかまったく違和感を感じません。

「自然死」でも「安楽死」でもない「平穏死」。

かつてはそれが当たり前だった老衰による家庭での死が、今は難しいことになっています。

それをうすうすは感じていたのですが、この本を読んで、本当にこれは大変な状態だと思いました。


老人になって、痴呆の症状が出てくるようになると、食物の飲み込みが上手くできなくなります。

私はまだそんな年でもありませんが、ときどき飲みそこねて気管に入ってしまうことがあります。

きっとあと30年もしたら、食べるときも細心の注意を払う必要性が出てくるのでしょう。

そうして段々と食が細くなっていくとき、老人ホームなどでは元気を出させるためにと、無理に食べさせるということがあるそうです。

その延長が問題になっている胃ろうなのだと、この本を読んで思いました。


死は、悪いことでもないし、医療の敗北でもありません。

尊厳のある死を迎えたい。

そう思う人に、ぜひ読んでいただきたい本です。

以前に紹介した「大往生したけりゃ医療とかかわるな」と合わせて読んでいただくと、よりいっそう理解が進むと思います。

book20121023.jpg
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 09:44 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク