2012年09月29日

ついに7回目を読み終えました

斎藤一人さんの「変な人が書いた驚くほどツイてる話」 を7回読むという目標を立てて読んでいましたが、昨夜、やっと読み終えました。

読むことそのものは難しくなかったのですが、1冊の本を7回読むということは、初めての試みでした。

幸せ実践塾−傷つきやすい、内気、自信がない、を幸せ体質に改善します。-同じ本を7回読む


・3回目読了「気に入った本を7回読んでみる」

・4回目読了「継続するにはコツがあります」

・5回目読了「良い本を何度も読む習慣を身につける」

・6回目読了「今朝はまたツイていました」



なぜ7回読むように決めたかというと、その本の「あとがき」に、こう書かれていたからです。引用しましょう。


私の本を最後までお読みいただき、心からお礼を申し上げます。

そこで、ささやかなプレゼントですが、とても不思議なことを、お教えいたします。

今、いろいろな成功法則の本やテープが販売されておりますが、もし、その中で気に入ったものがありましたら、七回読むか、聞くか、してください(六回ではダメですよ)。

そうすると、あら、不思議、あなたにとって、必要なことが必要なときに、自然とできるようになっています。

ラッキーセブンとは、本当に、魔法の数字なんですよ。



これを読んで、「そんならやってみるべー」と思ったわけです。

単純でしょう?

でも、こういう自分の単純なところ、けっこう好きなんです。



7回という数字は、古来から意味のある数字でした。

天地創造が7日間で行われたということは、旧約聖書の創世記に書かれています。

それが元になって、1週間が7日間になっているのです。


さらに聖書(旧約聖書・ヨシュア記)には、エジプトに囚われたユダヤ民族が、モーセに率いられて紅海を渡り、神に約束された地、カナンを目指したときのことが書かれています。

モーセは罪を犯してカナンに入ることが許されなかったものの、ヨシュアに率いられたユダヤ軍は、カナンの地を支配していた諸民族と戦闘を行ったとされています。

中でも、城壁に囲まれた堅牢な要塞都市のエリコの一戦では、驚くべき神の力が示されました。

それは、直接砲火を交えたのではなく、ユダヤ軍がエリコの周りを7周して一斉に時の声を上げたところ、エリコが陥落したとあるのです。


このように、7回行うということは、不思議な力を利用できる秘訣なのかもしれません。

それが事実かどうかわかりませんが、信じて行えば、必ずそうなるでしょうね。

それは「引き寄せの法則」 からしても、間違いないことですから。
 

posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 15:43 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク