2012年05月15日

幸せを決めるもの

もう5年くらい前だったでしょうか。

ある言葉を思い出して、「ああ、そういうことだったのか。」と再認識したのは。

それは、相田みつをさんの言葉で、次のようなものです。


「しあわせは いつも自分の こころがきめる」


最初にこの言葉を知ったのは、まだ日本にいた頃です。

そのときは、「自分で幸せになろうとしないといけない。他人に何かを期待してはダメなんだ。」くらいに思っていました。

「そういうことが言える強い人はそれでいいけど、弱い人間には、そんなことすら難しい。」

そう反発する気持ちがあったことも事実です。


でも今は、そんな浅い意味ではなかったのだと言うことがわかりました。

今まで得た知識が、点ではなく、線でもなく、網のようにつながってきたのです。


私はこの言葉を肝に銘じるために、のれんを買いました。

寝室のドアの前に掛けて、毎日それを見るようにしたのです。


幸せ実践塾−傷つきやすい、内気、自信がない、を幸せ体質に改善します。-相田みつを氏の言葉




※「幸せの公式」の補習講座は、こちらからどうぞ。

「幸せの公式7日間補講」

posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 12:01 | Comment(0) | 幸せの公式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク