2012年08月19日

良い本を何度も読む習慣を身につける

斎藤一人さんの「変な人が書いた驚くほどツイてる話」を7回読むことに決め、それを継続しています。

昨日、5回目を読み終えました。


幸せ実践塾−傷つきやすい、内気、自信がない、を幸せ体質に改善します。-斎藤一人

4回目を読み終えたのが7月15日でしたから、1ヶ月ちょっとかかったことになります。

特に決めたわけではありませんが、一気に読まないようにしていたら、だいたい1ヶ月で読むような感じになっています。

このペースだと、10月には7回目を読み終えそうですね。


同じ本を7回読むことを意識して読むのは、私の人生でこれが初めてのことです。

これまでも、2回くらい読んだ本はけっこうあります。けれども、3回以上となると、数えるほどしかないでしょう。

その中に、「神との対話」のシリーズがあります。

それぞれがけっこう分厚い本で、全部で10冊くらいあると思いますが、少なくとも3回は読みました。

1冊目の「神との対話」は、5回くらい読んだでしょうか。


これ以外となると、吉川英治氏の小説「宮本武蔵」でしょうか。



これは最初の大学で引きこもり生活をしていたとき、先輩から勧められ、「そんなに気に入ったならあげる」と言われて、もらった文庫本です。

引きこもり中に3回は読みました。

武蔵は強くストイックに生きるのに、幼馴染の本位田又八は流されてしまう。

「私はまるで又八だなあ。本当は武蔵のように強く生きたいのに。」

そう思いながら、何度も読んだ本です。


そのときは、特に「○回読もう」などといった目標を立てたわけではありません。

他にすることもなかったし、その小説に惹き込まれてしまうので、8巻目を読み終えてしばらくすると、また1巻目を読み始めていたのです。


「神との対話」シリーズは、シリーズの最後(と言われていますが)の本を読み終えてから、ふとまた最初の本を読みたくなったのです。

それを読み終えると、その次の本をというようにして、2回目を読み終えました。

その途中で、これは継続して読み続けたいと思うようになり、家にいて時間があれば、少しずつ読むようにしました。

そうやって、3回目を読み終えたのです。


その習慣があったので、斎藤一人さんの本を7回読むと決めた時に、実にスムーズに実行できたのだと思います。

人生に無駄なことはありませんね。


あと2ヶ月ですが、10月には一時帰国を考えています。

なので、少しペースを上げて、その前に7回目を読み終えようと計画しています。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 21:16 | Comment(0) | 実践内容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク