2012年08月05日

運命の流れに乗る生き方とは

昨日、「運命の流れに乗る」という記事で、この世は大いなる生命の鼓動のように、螺旋運動でできているという話をしました。

そして、そのリズムに乗って生きることが大切なのではないかと。


このことを思いついたのは、先日紹介した「「東の大富豪」の教え」という本を読んでからです。

この本では、目標を設定して頑張るというスタイルでは、本当の意味での成功ができないと書いてあります。

つまり、現実に対処していくだけでは、想定外のことが起こった時に対応できないのだと。


また、本当に成功する人は、運命が味方をしているようだと言います。

これは、斎藤一人さんもそう言っています。努力では成功しない。ツイていることが重要なのだと。

このツキの重要性は、船井総研の船井幸雄さんも言われてました。



では、そのツキを得るにはどうすれば良いのでしょうか?


それを斎藤一人さんは、「ツイていると言うことだ」と言います。

船井幸雄さんは、「ツイている人と付き合うことだ」と言います。

東の大富豪のナタリー・ユエンさんは、「意味のある偶然の一致を意図的に生み出すことだ」と言います。

世界一の教えの後藤勇人さんは、「目標を立てるな」と言います。


みんなそれぞれ違っているようで、実は同じことを言っています。

それが、「運命の流れに乗る」ということなのです。



わかりやすく説明しましょう。

たとえば目標を立てて頑張るという生き方は、自分の思いで恣意的に生きることになります。

そうではなく、天命に生きることが、運命の流れに乗ることになるのです。

天命に生きるということは、使命に生きるということです。


でも、自分の使命がなんだかわからない、という人が多いでしょう。

それは、天の声を聞こうとしないからわからないのです。

その天の声を聞くのにもっともよい姿勢が、「素直さ」だと思います。

だから松下幸之助さんなど多くの人が、「素直さ」と重要なポイントにするのでしょう。



まだ抽象的なので、具体的に説明しましょう。

「素直さ」というのは、目上の人とかに対して素直かどうかではありません。

起こった出来事に対して素直に受け止めるということです。


ここが重要です。

これを勘違いして、素直でなければいけないからと言って、何でも相手に従うことだと考えると、自分らしく生きられなくなります。

私もここがよくわからなかったのですが、ふとこの答に行き着きました。

自分の人生に起こった出来事を肯定的に受け止めることが、出来事を素直に受け止めることであり、素直な心で生きることになるのです。


実はこれが、東の大富豪の本に書かれていたことでした。

そして、後藤勇人さんが師と仰ぐフジゲンの横内祐一郎会長の生き様も、まさにその通りのものでした。

目標にこだわって、恣意的に生きるのではありません。

生きる道は常に天から与えられるから、それを一所懸命にこなす中に道が開けてくる。

それが、横内祐一郎氏が言われる生き方なのです。

だから使命がわからないときは、目の前のことを一所懸命にやれと言われるのです。



ちょうど今、オリンピックをやっています。

日本も頑張っていますが、本番で力を出し切れなかった選手もいるでしょう。

金メダルを目標に頑張りました。そのことは、けして悪いことではありません。

問題は、金メダルが取れなかった時です。


金メダルを取れなかった、というのが現実です。自分の人生に起こった出来事です。

落胆し、失意のどん底で誰かを恨んだり、自分の不甲斐なさを嘆いたりする。

そういう気持ちになるのはわかりますが、そこに留まっていてはいけません。

なぜならそれは、出来事を受け入れていないからです。

出来事を肯定的に捉えていないからです。


起きた出来事は、天からのメッセージです。

そこを出発点として歩み出さなくてはなりません。

そのとき、天のメッセージをしっかりと聞くための心の状態が、「素直な心」なのです。

そしてその「素直な心」でいるためには、幸せな態度でいることが重要です。



もし金メダルを取れなくても幸せだったら、どうするでしょうか?

恨んだり、愚痴や文句を言ったり、自分の弱さを嘆いたりするでしょうか?

自分なりに精一杯やったことを讃え、関係者の労をねぎらい、応援してくれた人々に感謝のメッセージを送るのではないでしょうか。


いつまでも金メダルにこだわるのは、単に執着心です。依存しているだけです。

だから問題なのは、金メダルという目標ではなく、それにこだわった生き方です。

そういう依存や執着をやめて、幸せな態度で生きるなら、自ずと運命の流れに乗ることになるでしょう。



その行き着く先は、必ずしも大富豪ではありませんよ。(笑)

それだけが成功者だと思うから、そもそもの間違いを犯してしまうのです。


たとえばアウンサンスーチーさんを見てごらんなさい。

彼女は大富豪ではありません。

それどころか家族と引き離され、外出の自由さえない人生を歩んできました。

それでも彼女は、満足して生きていると思います。

なぜなら、「これが私らしい生き方だ」と思っているからです。


およそ2000年前のイエスもそうです。2500年前の仏陀もそうです。

ガンジーもそうだし、マザー・テレサもそうです。

坂本龍馬も西郷隆盛もそうではありませんか。

天命に生きるということは、大富豪になることではなく、自分らしく生きるということなのです。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 18:32 | Comment(2) | 私の考え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■無題
赤木さん、こんにちは!
私自身も凄く勉強になる
素敵な記事です!
私も「流れに乗る」ことの凄さを
15年近く追いかけています。
誰もが自分らしい人生を送れるためにも、
この素晴らしい考えをどんどん世に広めていってくださいね!
私も頑張ります。
いつもありがとうございます。
ナタリー・ユエン
Posted by 香港の海外投資家&社会心理学者 ナタリー・ユエン at 2012年08月14日 23:29
■Re:無題
>香港の海外投資家&社会心理学者 ナタリー・ユエンさん

コメントありがとうございます。
「「東の大富豪」の教え」の著者から、このようなコメントをいただけるなんて、本当に感激です。
でもこの考え方は、閉塞感が高まる日本にとって、本当に重要なものだと思っています。
微力ながら、人々が少しでも幸せになれるよう、がんばります!
Posted by 赤木 (幸せ実践塾塾長) at 2012年08月15日 11:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク