2012年07月19日

やりたいことが何かわからずに悩んでいるなら

アメブロは、健全な青少年の育成に反する記述は認めないという方針なので、あまり露骨なことは書けません。

なので、そういうことはメルマガに書くことにします。

したがって、そういう内容を書いたときは、アメブロの「SJ通信過去ログ」には載せませんのでご容赦ください。


今回の内容は、それほど露骨なものではありません。

そうしないと、上記の注意を過去ログに残せませんから。(笑)



今回は、やりたいことがわからずに悩んでいる人に対するアドバイスです。

特に20代の若者向けという感じですが、おそらくそうでない方にも当てはまるでしょう。


ブログに書きましたが、私は広島大学に入った時、新興宗教にハマりました

最初は興味本位というか、一部は卑賤な動機もありました。

そのことは正直に認めます。

私はけして偉い人間じゃなく、そういう下衆な人間です。

でも、そこで活動する中で、「私は人々を救うためにやっているのだ」という使命感が湧いてきたのです。


ご存知かもしれませんが、広島大学は△△(※)派という過激な○○主義思想を持つ団体の拠点校でもあります。

私が所属した団体は反○○(※)思想を持っていたため、校内で対立することもありました。

「爆弾を投げ込まれるかもしれない。」

そんな不安も、少しはあったのです。

それでもやらなくてはならない。

なぜなら、それが人々を救うことになるのだから。

そんな使命感に燃えて、日々の活動をしていました。


それが精神的に行き詰って、辞めてしまうことになったのです。

同時に生きがいとか希望というものもなくしました。

「何のために生きるのだろう?」

もし、その新興宗教の教えが正しいとしたら、私は永遠に地獄でさまようことになるのかも。

そういう失意の中で、人生をリセットした のです。



自分が何がやりたいかなどと、考えるような余裕はありませんでした。

流されていたら廃人のようになってしまう。

そう感じていたから、ともかく今までのことは忘れて、今、ここに生きようとしたのです。

その結果、道が開けたように思います。

もがくように生き方を求め、多くの本を読みました。

そうして生き方を求めると同時に、楽しむこともしたのです。


私は中学生の時に野球部に入っていました。

けして上手くはありませんでしたが、昔取った杵柄です。

他の人よりは多少は上手い。

それでソフトボール大会で活躍したのです。

それが嬉しかったし、楽しかった。

その楽しさを味わいたくて、社会人になってから草野球の同好会に入りました。


他にやる人がいなかったので、初めてキャッチャーをやりました。

経験はなかったのですが、野球部に入っていたという自負から、挑戦してみたのです。

キャッチャーというポジションは、地味に見えるのか、競争相手が少ないのです。

キャッチャーミットや面を自分で買って、まずは格好から入りました。(笑)


そしてやってみると、これがけっこう楽しいのです。

チームメイト全員に指示を出すリーダー的な立場になります。

ピッチャーを励まして、勝利に貢献する女房役でもあります。

私の性格にピッタリでした。

そして、盗塁を刺したときのカ・イ・カ・ン。

三塁走者がボーっとして帰塁が遅い時も、それを狙って三塁で刺します。

みごとに決まってアウトにしたときのカ・イ・カ・ン。

うーん、たまりません。(笑)



私は知らず知らずに、自分が楽しむことをやってきたのですね。

それは趣味の世界ですけど、それで良いのだと思います。

ともかく、楽しいことをやるという習慣を持つこと。

楽しくないことからはなるべく離れ、楽しいことをやるようにする。

どうしてもやらなければならないことなら、それを楽しむように工夫する。

そうしていく中で、本当に自分がやりたいことに出会ってきた気がします。



そんな経験をしてきた私から、やりたいことが見つからずに悩んでいる人にアドバイスするのは、以下のことです。


1.まず何でもいいから、楽しいことをやりましょう。

TVゲームでもOKです。

後ろめたさを持たずに、本当に心から楽しみましょう。


2.仕事など、なかなか楽しめないことは、どうしたら少しでも楽しめるかを考えましょう。

「心を癒す鏡のワーク」 を使って、自分の気持ちを高揚させることも良いでしょう。

単調な袋詰作業のようなものなら、何時までに何個できるか挑戦するなど、ゲームにしてしまうのもアリです。


3.必ずやりたいことが見つかると決めましょう。

理由なんてありません。ただそう決めるだけです。

根拠を探すから不安になるのですよ。

そもそも生きるのに精一杯だったら、そんなことさえ考えないでしょう。

悩むのは贅沢だからです。

ウソだと思ったら、絶対的な死地へ自分を追い込んでご覧なさい。

ア○○○スタン(※)などの危険地帯へ、ボランティアでもしに行かれたらわかると思います。



この3つをやっていたら、必ずやりたいことが見つかります。

実は、理由はありますよ。(笑)

まずこれは、「引き寄せの法則」 の応用だからです。

そして、理屈から言って、人がこの世に生を受けたのは、何かやるべきこと(体験すべきこと)があるからです。


それが見つかったら、必ず魂が喜びます。

だって魂は、それを体験したくて今の人生を創造したのですから。

だから、必ず見つかるのです。安心してください。

魂の声である感情を受け入れ、楽しく感じることをしていれば、必ず導かれるのです。

※ブログでは伏字にしましたが、メルマガには隠さずに書いています。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 19:31 | Comment(0) | SJ通信過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク