2012年07月13日

苦しい時に支えてくれたのは家族の愛情でした

「本気で変わりたいなら引越ししなさい」 という記事で、生活環境を変えることをお勧めしました。

そこで書いた私の引越しについて、詳細を書いてきました。

1回目:「生きるためにはカラを破るしかなかったのです」
2回目:「人生をリセットする決意が私を変えました」
3回目:「新居を東武東上線坂戸駅近くに決めました」
    「関越道を暴走しました」
4回目:「中国古典の影響で理想的な人物を目指していました


6回目はタイへ来た時のことですから、すでに「潜在意識にインプットしたことが実現しました」 という記事で経緯を書きました。

今回は、5回目の引越しについて書きます。



5.転職して岡山市へ


友人の社長の会社に入ってしばらくすると、バブル崩壊の影響が出てきました。

だんだんと仕事がなくなり、IT業界は構造不況産業に指定されるまでになったのです。

社員の半数以上に仕事がない状態になった時、私は国の制度を利用してお金をもらうことを社長に勧めました。

社員教育の方針を提示すれば、仕事がない社員のたしか6割くらいの給料を国が出してくれたのです。

背に腹は代えられないと言いますか、また儲かるようになったら、税金という形で返せば良いのだからと説得したのです。


それでもだんだんと先細りになる中、社長からあることを依頼されました。

それは、会社の資産を食い潰しなかがら何とか1年もたせるプランを考えてくれ、というものでした。

12月のボーナス前でしたから、私はボーナスを予定通りに支給し、あとは緊縮経営するプランを提案したのです。

それに対して社長は、家族から資本金を出してもらっているから、最初にボーナスを全額出すということはできないと言います。

私は、もうすでにボーナスを期待している社員もいるだろうから、それを出した上で協力を求めないと、社員の心が離れてしまうと主張したのです。



どちらが正解ということはないと思いますが、会社のことよりも自分がもらうことを考えていると、社長からは思われたようです。

前の会社を辞めた時も、私はワンマン社長に対する私の不満というより、虐げられて何も言えない他の社員の代弁者として、社長に直訴したつもりでした。

今回もまた、私自身がもらえるお金のことではなく、他の社員が不満を持たないようにと、代弁したつもりだったのです。


ある古参の社員が、経営状況を察して、「私はボーナスは要らないから、会社のために使って。」と言ったそうです。

そのことを例にあげて社長から、「赤木さんは会社のことを少しも考えていない。」と批判されました。

そのとき私は、「この会社はもう、私を必要としていないのだな。」と感じたのです。

それ以降、経営に関して社長から意見を求められることはなくなりました。私もまた、一社員として働くことにしたのです。



その後、派遣の単価は下がったものの、仕事量は少しずつ増えてきました。

何とか会社を潰さずに済みそうだ。そう思えてきたころ、私は転職する意向を社長に伝えました。

精神的に疲れたこともあったし、元々田舎かそこに近いところで暮らしたい気持ちもあったので、広島か岡山に絞って転職先を探しました。

ハローワークに登録したところ、岡山の会社が私を見つけてくれました。

Jターンが決まり、岡山に引っ越すことが決まったのです。

転職時期を聞かれて、私は11月末を選びました。

友人の会社が私に、ボーナスを支給するかどうかを悩まなくて済むように、ボーナス前に退社したかったからです。



岡山へは、引越し業者を使って引越しました。

岡山駅にほど近い桑田町にあるアパートです。2LDKの広い部屋でしたが、安かったのです。


岡山は、それまであまり馴染みがありませんでした。

ただ、姉は岡山県高梁市の短大に通ったことがあったし、祖父も岡山県神代町の出身です。

そういう意味でまったく知らないわけでもないのですが、初めて暮らす土地として、なぜか不安を感じていました。

同じ汎用機の仕事でしたが、I社製からF社製のマシンに変わることも、少し不安でした。

それに、田舎特有の暮らしづらさを直感していたからかもしれません。


そんなとき、姉が電話をくれました。

「引越しの手伝いに行ってあげようか?」

わざわざ大阪から出てきてくれると言うのです。私は1人でも大丈夫だと言いながら、結局、姉の申し出を受けました。


知り合いが1人もいない土地に住むことは、初めての経験ではありません。

それなのに、なぜか不安だったのでしょう。

姉が姿を見せてくれた時、私は心からホッとしたのです。


姉に力をもらった私は、次の日からまた、朝5時に起きて掃除をする生活を始めました。

新聞奨学生として生活を始めた日や、埼玉県坂戸市で社会人としてスタートを切った日を、思い出そうとしたのです。

「初心忘るべからず」

朝早く起き、掃除をし、明けゆく空に祈りながら、新たな生活でぶつかる壁に、正面から立ち向かおうとしたのです。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 18:36 | Comment(0) | ├ 私の生い立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク