2012年07月05日

運気を劇的に良くする○○力とは?

開運について書いてみます。


世間には、開運グッズや開運方法が溢れています。

パワースポット巡りも流行なようで、いかに運を良くするかが最大の関心事ではないかと思うほどです。

運というのは目に見えないものですから、どうとでも言えるし、証明もできません。

たとえばお祓いをしても交通事故に合うことがあります。

そのとき、「お祓いをしたから軽傷で済んだ」とも言えるわけです。

まあそう言ってしまうと身も蓋もない気もしますが、それは真実です。



斎藤一人さんなどは、はっきりと努力よりもツキが重要だと言われますね。

そのツキを良くするには、たった1つのことをすれば良いと。

それは、「ツイている」と言うことだそうです。

何があっても「ツイている」と言う。

だから交通事故に合っても、「あれで軽傷で済んだのはツイている」と言わなくてはいけません。

たしかにこれは、強力な開運方法だと思います。


しかし、自分のことになると、どうしても否定的になってしまう人もいますよね。

私もそうでした。

自分に自信がないからです。自己評価が低いからです。

そういう人は、自己評価を高くすることが最優先です。

絶対的な自信、つまり根拠のない自信を持つように、自己変革する必要がありますね。



まあそれが最優先なのですが、そんな人でもできる開運方法があります。

それが「応援力を高める」ことです。

「応援力」って、最近良く聞くと思いませんか?

この言葉が広まっているのも、意味があることだと思います。

時代は、開運を求めているのです。


それで「応援力」とは何?ということですが、要は他人をもっと応援するということです。

他人の応援に熱中することです。

他の人を良くしてあげるために精魂を込め、その人以上に考えてあげることです。


ただし、注意することがあります。

応援を押し付けないこと。

「応援してあげるのだから」という気持ちを持たないことです。



先日発売された「大富豪アニキの教え」 ですが、さすがに兄貴は、考え方が違いますね。

その本の内容を、私の友だちでiPad時間創出コンサルタントの坂倉昭人さん が、たった一言でまとめていましたね。

「相手を自分ごとのように大切にする心」

他人ごとを自分ごとのように考えることです。


でも最初は、妬みの気持ちとか出てくると思います。

そのときは自分ホメの谷口祥子さん が言うように、「つい妬んじゃうんだよね。わかるよ。よしよし。」と、まず湧き上がった感情を受け入れましょう。

そして、自分の感情が落ち着いたら、相手のことを自分の化身だと考えてみるのです。

「そこに今、○○さんとして生きている自分がいるんだなあ。」

自分だと思ったら、本心から応援したくなりませんか?



それでも時には相手から、「応援してほしくない」と拒否されることもあるでしょう。

そのときは、相手の意志を尊重しましょう。

相手には相手の自由があります。

その自由意志を尊重することが、その人に対する最大の応援なのですから。

予めそういうことを想定しておくと、いざというとき焦らずに済みますよね。



いきなり周りのすべての人を応援するのも難しいでしょう。

まずは1人から始めてみることです。

あなたの周りにも、必ず応援を求めている人がいます。

なぜなら、あなたが「応援したい」と思っているから。

世の中は、そんなふうにできているのです。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 15:55 | Comment(0) | SJ通信過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク