2012年07月04日

自分をえらんで生まれてきたよ



たまたまネットで見た女性自身という雑誌の記事の紹介。

そこに、この本のことが書かれていました。


この本は、りおくんという10歳の少年の言葉を綴ったもの。

本名・印鑰理生(いんやくりお)くんは、4種類の不整脈、慢性肺疾患、重症ぜんそく、気胸など、なんと9つもの難病を患ってきたそうです。

そのりおくんがお母さんに、こう言ったのだとか。

「病気で生まれてきたから、ぼくはいろいろな体験ができる。ママもいろいろな体験ができる。だからママは喜んでいいよ」


りおくんは、「病気を選んで生まれてきた」と言います。「希望を持って生まれてきた」のだと。

お母さんは最初、健康に産んであげられなかったことで、ひどく自分自身を責めたそうです。

しかしりおくんの言葉を聞くにつれ、「ごめんね」と言い続けること(=罪悪感を抱き続けること)は、りおくんに対して失礼なことだと気づいたと言います。


探してみるとこの本以外にも、「選んで生まれてきた」という子どものことを書いたものがいくつかありました。

これだけで、「ほら、私が言ったとおりじゃないか。」と言うつもりもありませんが、私自身は、やはりそうなのだと思います。

私たちは、それぞれの目的のために、環境や自分自身を選んで、この世に生まれてくるのです。



この他にも、最近紹介したお勧め本がありますので、ぜひご覧くださいね。

わずか2千円弱で得られる貴重な知識や知恵。本当にありがたいことです。

「人生を好転させるたった2つのこと」
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 11:52 | Comment(2) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
■素敵な本ですね。
ご紹介ありがとうございました。
こういうことは、本当に重要だと思います。
親は自分を責めてしまいますが、子どもの方が実は高い精神性をもっているんですよね。
親が社会性というものを教えていく中で、だんだん、まごころというか、本質というか、無垢な部分が失われていく。
そういうのが子育てなのかな、と思ったりします。
そうしないと、社会の中では生きていけないので、難しいところですが。
読んでみようと思います。
Posted by 【広瀬つみき】2・3歳の子育て専門★幼児教育アドバイザー at 2012年07月28日 23:44
■Re:素敵な本ですね。
>【広瀬つみき】2・3歳の子育て専門★幼児教育アドバイザーさん

子どもを不完全な大人だと考えないことですね。子どももまた、同じ命ですから。
Posted by 赤木 (幸せ実践塾塾長) at 2012年07月29日 01:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク