2012年06月26日

靴を買うときハッとさせられました

昨日は妻と、新居で必要なものをデパートに買いに行きました。

最初はタオルを掛けるフックを買うだけの予定だったのですが、ベッドのマットやカバーも欲しいねという話になり、買い物が増えてしまいました。

総額で5,000バーツちょっと。約1万3千円くらいの出費です。思わぬ出費です。 (>_<)


その後、1Fに靴屋さんがあるので、そこで私のビジネスシューズを買うことにしました。

今まで3足持っていて、それを毎日とっかえながら履いていたのです。

ところが数ヶ月前、そのうちの1足がいよいよ履けなくなりました。

一度は修理に出したのですが、今度はさすがに無理だと思われたので、「長い間ご苦労さん」とねぎらってから捨てました。

それで代わりの靴を買おうと思いながら、この日まで先延ばしにしていたのです。


その店は、タイに来て初めてビジネスシューズを買ったところ。

そのときの靴が気に入ったので、1年くらいしてまた同じ靴をそこで買い増ししました。

その後で買った方の靴が先にダメになったのです。


私はその店で、また同じ靴を買うつもりでした。

前に買った時の値段は、1,400バーツほど。約3,500円という安さです。

そのくらいの金額で済ませようと思っていたのです。

自分の物を買うときは倹約し、他人のためには派手にお金を使う。

それが私のお金の使い方に対する信条ですから。



店に入って同じ靴があるかと尋ねると、店員が「ある」と答えます。

それで差し出された靴を見ると、タイプは似ていますが、同じものではありません。

こういうところ、タイらしいでしょ?日本人だと怒りますよね。

「てめえ、同じ物があると言っただろう!?だったら同じ物を出してこいよ!」

そう文句の一つも言いたくなるところですが、さすがに10年も住んでいるので慣れました。


同じものはないのかと改めて聞くと、「ない」と答えます。

すると妻が、「このタイプの靴がいいよ」と言います。

幸せ実践塾−傷つきやすい、内気、自信がない、を幸せ体質に改善します。-ビジネスシューズ

ともかく試しに履いてみろと言うので履くと、少しサイズが大きいです。

さっき自分の靴を脱いでサイズは7・1/2だと伝えたのに、それより大きいサイズでした。

それでもう少し小さいサイズを依頼すると、店員が在庫を探しに行きます。


「ところでこの靴、いくらなんだろう?」

私がそう言うと、妻は「知らない」と答えます。

そりゃそうだ。一度も値段の話をしてませんから。そもそも同じ靴を買うつもりだったので。

店員が戻ってきて、小さめの靴を履いてみると、今度はピッタリです。

右足だけじゃなく左足も履いてみろと言うので履いて、少し歩いてみました。別に問題なさそうです。


すると妻が、「これを履いて帰ったら」と言います。

まあ、また履き替えるのも面倒だし、古い靴を箱に入れて持ち帰れば良いかと思いました。

試し履きもできるから、一石二鳥だと思ったのです。

とうとう値段を聞かずに買う羽目になり、最後に「いくら?」と尋ねると、3,120バーツだと店員が言いました。


「うわっ、たーけー!」

目を丸くして妻を見ましたよ。

でも、もう買うことに決めた後なので、今さら撤回するのも格好が悪いです。

クレジットカードを店員に渡し、椅子に座って精算が終わるのを待ちました。


「古い靴、いくらか知ってる?1,400バーツだよ。それが3千バーツ以上も。高いなあ。」

私が不満そうにそう言うと、妻が言いました。

「あなた、この靴をいったいどのくらい履くつもりなの?」

私は、「だいたい3年は履くかなあ。」と答えました。

すると妻が言います。

「と言うことは、1年で千バーツくらいだよね。1ヶ月だと100バーツもしない。」


私は気が付きました。

そうか、毎日お世話になる靴なのに、それだけしかお金を掛けていなかったのだと。

たかだか3千バーツくらいで、文句を言ってはいけないなと思いました。


1,400バーツと3千バーツを比較すれば、倍以上の差があります。

私は最初、その比較をしたから驚き、不満に感じたのです。

でも妻の一言で、別の見方があることに気づきました。

見方を変えてみれば、たったの3千バーツなのです。

大切なことを気づかせてくれた妻に感謝です。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 11:35 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク