2012年06月13日

自分の価値を最大にするためのファーストステップ

前回、次のようなことを言いました。

自分を最高に活かすには、自分を完全にさらけ出すこと。


私もブログで自己開示を続けていますが、それよりももっとすごい人がいました。

それが今日のブログで紹介した谷口祥子さん です。



ブログにも書きましたが、私は谷口さんと会ったことはありません。

DVDでセミナーを見て、いいことを言っているなと思って、それでメルマガを購読したのです。

「自分ホメ」という本を出されると知り、それを私のメンターから紹介されたので、アマゾンキャンペーンに協力しました。

それで届いた本を、実はずっと積んであったのです。


最近は常時10冊以上の本が、読まれるのを待っている状態です。

後から届いた本を先に読むこともあって、「自分ホメ」を読み始めたのはつい最近のこと。

ところが読み始めてみると、これがなかなか良いではありませんか。

読みやすいし、ぐいぐい引きこまれます。

その理由は、谷口さんが自己開示されているからです。


単に理屈とか方法の紹介だけだと、こうまではのめり込まないでしょう。

自己開示されているので、谷口さん本人を身近に感じるのです。

境遇や性格は、私とは違います。

けれど、頑張ってきたんだなあ、すごいなあ、応援したいなあって思うのです。



谷口さんは本の中で、ダメな自分も認めようと提案します。

私もその考えに共感します。

たとえば目標が達成できない時、「なんて自分は能力がないんだ」と自己否定しがちです。

そんなときは、自己否定してしまう自分さえも認めようと言うのです。

「『なんて自分は能力がないんだ』って思ってしまったんだよね。わかったよ。よしよし。」

この「わかったよ。よしよし。」がすごくいいなあと思いました。



斎藤一人さんも、自分に反対する人のことも「それはわかるよ」といったん受け入れることを提唱されています。

まず仲間にならないと、自分の話を聞いてはもらえないから。

このテクニックは、何も他人に対してだけでなく、自分に対しても使えるんですね。

だから、どんなダメな自分であっても、「そうなるのはわかるよ」と受け入れることが大切だと思います。



自己否定してしまう人は、どんなに頑張っても自己評価が高まりません。

自己評価が高まらないと、自信を持てません。

自信を持てないと、幸せにはなれないのです。


また、引き寄せの法則を使う場合も、自己評価が高ければ高いほど、より良い現実を生み出せます。

たとえば自分は、年収1000万円が相応しいと感じる人は、それ以上にはなれないのです。

今仮に年収300万円だとしても、自分は年収1億が相応しいと感じていたら、あっと言う間に年収1000万円を超えてしまうでしょう。

だから、自己評価を高め、自分の価値をより大きくすることが大切なのです。



その第一歩としては、トータルな自分を認めることです。

特にダメな自分を、もっと認めることが大切ですね。


ぜひ谷口さんの「自分ホメ」を読んでみてください。

自己評価を高めるのに、1260円の投資は微々たるものですよ。

それと、私がお勧めする「鏡のワーク」 も、自己評価を高めるのに有効ですよ。

ぜひお試しください。
 
posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 19:53 | Comment(0) | SJ通信過去ログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク