2012年06月07日

悪魔の正体は不安だった

自分の人生を変えたい。だから、考え方を変えようと思う。

そう決意しても、なかなか実行に移せなかったり、継続できないことが多いです。


1つの理由は、習慣化されていないから。

これは自転車の乗り方を覚えるのと同じで、無意識にそれができるようになるまで、繰り返すしかありません。

今までの習慣を捨てるには、新たな習慣を身につけることですから。


もう1つの理由は、理屈ではわかっていても、心がついていかないというもの。

たとえばバンジージャンプを考えてみてください。

丈夫なロープで、切れないとわかっています。

すでに体験した人は、どれだけその体験が素晴らしいかを興奮しながら語ります。

自分もやってみれば、きっと素晴らしい体験ができるに違いない。いや、必ずできるだろうし、それをやってみたい。

それなのに、...。足がすくんで一歩を踏み出せません。


どうして?理屈ではやってみた方が良いとわかっていて、頭もそうしたいと考えているのに。

頭と心が分離してしまっているのです。心がそれを望まないのです。

それは、怖れがあるからです。


この怖れの本質は、「不安」です。

自分の存在が失われるかもしれないという不安が、怖れとなって現れるのです。


この不安は、依存とか執着になって現れることも多いです。

彼に嫌われるのではという不安から、彼の言いなりになってしまう。ときには暴力を受けても、彼を許そうとしてしまう。

彼に対して依存しているのです。彼と歩む人生に執着しているのです。



しかしこの不安を抱えていると、自分らしく生きることができません。

悪の道(=自分らしくない生き方)に引きずり込んでしまう悪魔の正体は、この心の不安なのです。

ですからこの不安を取り除くことが、完全に自分らしく生きるために欠かせないことなのです。

まずは不安という名の悪魔がいることを、理屈で理解しましょう。そこがスタートです。




※「幸せの公式」の補習講座は、こちらからどうぞ。

「幸せの公式7日間補講」


posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 15:15 | Comment(0) | 幸せの公式 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク