2012年06月03日

今、死にたいと思っているあなたへ

未曽有の大災害だった東日本大震災。その死者や行方不明者は、およそ3万人と言われています。

入学式直前だった子ども、結婚式が目前だったカップル、たまたま旅行に来ただけの人など、おそらく絶対に死にたくなかっただろうと思われる多くの命が、無残に奪われてしまいました。

2度とこんなことが起こらないようにと、今、国をあげて災害対策を行おうとしています。


その一方で、見捨てられてきた命があります。

年間3万人以上の自殺者です。

もう10年以上も、毎年毎年、3万人以上の人が自殺しているそうです。


かつて交通事故の死者が年間1万人を超えていた時、マスコミは交通戦争と言って騒ぎました。

1万人もの死者が出るのは、戦争くらいしかないという例えです。

もしその比喩を使うとするなら、今は自殺戦争ではありませんか?


もちろん、事情が異なることはわかっています。

交通事故も災害も、死にたくない人が死んだのです。

一方の自殺は、死にたいから死んだ...。


違うのです。

それは一面的な見方です。

自殺した人も、本当は死にたくなかった。

でも、死ぬしかなかったから死んだのです。



それぞれ事情が異なるから、同じ自殺だとしても対策は異なると、多くの人は考えるかもしれません。

でも私は、事情は異なっても理由は1つだと思っています。


それは、絶望したからです。

生きていることに意味がないと感じたからです。



どうして、その人は絶望しなければならなかったのでしょうか?



おそらくその人は、幸せになれなかったのでしょう。

幸せになりたいと思ったけど、なれなかった。

あるいは生きていると幸せになれないから、死を選んだのではありませんか?



幸せなんて、本当は今すぐ、この場で、誰でもなれるのに。

他人も環境も、自分さえも変えなくても、幸せにはなれるのに。



そう思うと、私は残念で仕方がないのです。

このことを知っていれば、きっと多くの命が救われるはず。

そうわかっているのに、それを伝えられずにいることが歯がゆいのです。

posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 23:33 | Comment(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク