2012年05月25日

根気がなくても継続する方法とは

高校の時の陸上部の顧問の先生が、座右の銘としておられた言葉。

それが「継続は力なり」です。


わかっちゃいるけどやめられない。

そういうことってありますよね?

たとえば、タバコが好きな人、パチンコが好きな人など、やめようと思ってもなかなかやめられない。

1日だけやめてみることはできたとしても、それを続けることが難しいのです。


このように、何かを続けるということは、それだけで才能だと思うのです。

何かをずっと続けている人は、それだけで素晴らしい能力を持っているということ。

だからわざわざ「継続は力なり」と言わなければならないほどなのです。



私が言っている幸せ実践も、やはり続けないと意味がありません。

続けることで、新たな考え方の習慣を身につけることが目的ですから。


「それじゃあ私には無理だわ。根気がないから。」

そう言って、はなから諦めてしまう人もおられるかもしれません。

でも、心配は無用です。幸せ実践には、根気がなくても続く魔法があるからです。


それは悔しいと感じる感情です。



たとえば、上司から「こんなこともできないのか!」と怒られたとしましょう。

悔しくて、悔しくてたまりません。

忘れようとしても、なかなか忘れられず、何度も何度もそのことを考えてしまいます。


それが良いのです。


忘れてしまいたいほどなのに、何度も何度も思い出すのですよね?

つまり、自動的に繰り返させてくれているわけで、これって継続していると言えませんか?


もちろん、「あの上司にどうやって復讐してやろうか?」ということを、繰り返し考えていてはダメです。

幸せ実践を繰り返さなければ、何の意味もありません。

仮に最初は悔しさから上司への復讐を考えたとしても、そこで考えを変えるのです。

「復讐なんてできないし、仮にやっても自分は幸せにはなれない。だから...」

そう思い直すことが大切です。


そうすれば、悔しさから何度も繰り返して考えることが、自然と幸せ実践を繰り返すことになりませんか?

こうやって、考え方の習慣を改めるのです。新たな好ましい習慣を身につけるのです。

続ける努力などしなくても、自然と繰り返させてくれます。

あなたは、考え方の方向を修正するだけ。

あなたの魂が新しい考え方の習慣を身に着けたいと願っているなら、意図しなくてもそういう体験を引き寄せてくれるのです。

posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 17:47 | Comment(0) | 幸せ実践塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク