2012年05月24日

みとめの3原則



これはビジネス書で、営業のための本なのです。

けれど、その影響範囲は仕事だけにとどまらず、人間関係全般に及びます。

「みとめる」ことで、すべてが上手くいくようになる、と言うんですね。


タイトルにもあるように、3つの原則があります。

みとめの3段階と言っても良いと思いますが、ホップ、ステップ、ジャンプとレベルアップしてくのです。


原則1:見とめる まずは受けとめるだけでいいんです。

原則2:認める いわゆる認める。受け入れることです。

原則3:皆豊める 最後はお互いに受け入れ合うことです。


普通はこう書かれても「みとめる」とは読めませんが、漢字から意味が伝わってきます。

著者の木戸さん は、こういうのが好きなようで、「がんばる」も「頑張る」じゃなくて「顔晴る」って書かれるのです。



私は木戸さんのメルマガも購読していますが、メールで質問をすると気さくに答えてくれます。

その人柄が素晴らしくて、ファンになっちゃいました。

この「みとめる」ということは、この前紹介した野口嘉則さんの「僕を支えた母の言葉」 に通じるものがあると思いませんか?

やはりそういうことなんだなって思います。


「なんだお前、こんなこともできてないじゃないか!」

上司からそう怒られたら、部下だってヤル気がなくなります。

そこを「みとめる」んですよと、木戸さんはおっしゃいます。

できなかったところを「できた」と言うんじゃありません。

できなかったとしても、「あなたは素晴らしいんだから」と「みとめる」んです。


私も会社で取締役をしているので、社員が思い通りに動かなくてイライラすることがあります。

でも、それじゃあダメなんですね。いくら怒っても、社員は動きません。

私も自身を戒めて、「みとめる」ことを実践したいと思っています。

posted by 幸せ実践塾・塾長の赤木 at 20:53 | Comment(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

●コメントを書く前に、こちらのコメント掲載の指針をお読みください。

ランキングに登録しています。面白かったらボタンをポチッと押してね。
↓↓↓↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

スポンサーリンク